Serato DJ Pro

進化したプロフェッショナルDJソフトウェア

世界中でもっともスタンダードなプロフェッショナルDJソフトウェア「Serato DJ」は、Serato DJ Proとして生まれ変わりました。

機能、操作性、拡張性、信頼性…あらゆる面において、Serato DJ Proは世界のトップアーティストに選ばれる、No.1のDJソフトウェアです。

アップデート情報:随時更新

従来のSerato DJユーザーは、無料でSerato DJ Proにアップグレードが可能です。サポートされるハードウェアもすべて機能します。

対応するDJハードウェアはこちらをご覧ください

14日間使用可能なデモ版ダウンロード

● デモ版を無料でお使いいただける期間は、14日間となります。
● デモ版をお試しいただくには、対応しているコントローラを接続する必要があります。

Serato DJ is now Serato DJ Pro - What's New?

Serato DJ Proの概要

Welcome to Serato DJ Pro: Practice Mode

練習モード(Practice Mode)について

Using Cues, Loops and Beat Jump in Serato DJ Pro Practice Mode

練習モード(Practice Mode)で、キューやループ、ビートジャンプを使う

Learn how to use FX in Serato DJ Pro

Serato DJ Proで、エフェクトを使う

Learn how to use Loops in Serato DJ Pro

Serato DJ Proで、ループを使う

Learn how to use Loop Rolls in Serato DJ Pro

Serato DJ Proで、ループロールを使う

Learn how to use Beat Jump in Serato DJ Pro

Serato DJ Proで、ビートジャンプを使う

Learn how to do Key Analysis in Serato DJ Pro

Serato DJ Proで、キーの分析を行う

Learn how to do Hardware Remapping in Serato DJ Pro

Serato DJ Proで、ハードウェアのリマッピングを行う

Learn how to use the Sampler in Serato DJ Pro

Serato DJ Proで、サンプラーを使う

製品詳細

練習モード

練習モードでは、ハードウェアを接続せずに2つのトラックをミックスできるため、どこでもミックスを試作できます。

大容量ライブラリで安定性も抜群

64-bit対応で、Serato DJ Proのパフォーマンスがさらに向上しました。ライブラリのサイズも実質無制限です。

パフォーマンスパッド表示モード

Serato DJ Proでは、セットアップ画面に新しくパフォーマンスパッドのキューレイアウトのオプションが含まれています。キューポイントの表示が見慣れた中にも新しくなりました。

高解像度画面用に最適化

Serato DJ Proは、HD Retina、4K、UHDの各種ディスプレイ用に最適化されています。

ヘルプとサポートを強化

Serato DJ Proではヘルプとサポートセクションが刷新され、アプリ内から簡単にアクセスできます。

ライブラリの日本語検索に対応

日本語で楽曲の検索が可能になり、アニソンなど日本語タイトルの曲を多用するプレイなどに大変便利になりました。

仕様

最低動作環境

Serato DJ Pro バージョン2.1.1・2019年3月現在

OS:
  • *Windows 7 / 8.1 / 10
  • macOS 10.12 Sierra / 10.13 High Sierra / 10.14 Mojave

注意:64bit OSのみに対応(32bit OSには対応していません)

CPU:
  • Intel Core i3、i5、i7、i9(1.07GHz以上)

注意:AMD製のCPUは対応しておりません
Pitch ‘n Time DJを使用する場合は「Core i5」以上を推奨します。

メモリ容量:
  • 4GB以上推奨

※ ライブラリの容量によっては、より大きなRAM容量があると有利です。

空きHDD容量:
  • 5GB
画面解像度:
  • 1280 x 720
両プラットフォーム共通:
  • USBポート
  • インターネット接続環境
対応DJハードウェア

Serato Video使用時は、384MB以上(1GB以上を推奨)のビデオメモリが必要です。

価格 15,000円(税抜)
内容物 ライセンスカード、インストールガイド
備考

※本製品はライセンス及びインストールガイドのみの提供となり、USBメモリ/DVDディスク等のメディアは提供されません。

ダウンロード

チュートリアル

チュートリアル 2019年3月20日

【DJ連載-105-】Serato DJ Pro 2.1.1でOSAがリマッピングできるように!

え?OSAってなに?はい!説明します! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年3月13日

【DJ連載-104-】RP8000MK2だけの新機能!?Platter Playについて!

ついにご説明いたします!【Platter Play】というこの新機能、、、速度が変わっちゃうんです! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年3月8日

【DJ連載-103-】RP8000MK2を2つも4つもUSBポートに接続できない?大丈夫です!

「え、じゃあ対応ハードと4台USBで繋ぐ必要があるから合計5個ポートいるの、、、?」そんなことありません!大丈夫です! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年2月27日

【DJ連載-102-】RP8000MK2 × Serato DJ Proが簡単操作で自由度高い!

RP8000 MK2、Serato DJ Proで使うと自由度高いのでパフォーマンスの幅が広がります! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年2月20日

【DJ連載-101-】RP8000MK2 開封してみた!

RP8000 MK2、もうまもなく日本で発売します!というわけで、ひとあし先に開封しちゃいました! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年2月13日

【DJ連載-100-】Serato Remoteを使う準備!

Serato Remoteを使うと遠隔でSerato DJ Proが操作できる! 今回は使うための準備をしますよー! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年2月6日

【DJ連載-99-】Serato Remoteって!?

Serato Remote、tenorikamiさんはよく使って遊んでたそうです。理由は「ブースから降りて遊べるから」だ ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年1月30日

【DJ連載-98-】macOS MojaveでRec(録音)できない時はこの設定を見て!

macOS Mojaveで使用する際の注意点です!絶対に確認しましよう! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2018年5月23日

【DJ連載-86-】半額セールだし、Seratoで使える音源サイトを紹介!

はんがくはんがくはんがく〜↑はんがくはんがくはんがくはんがく〜↓ (HI●AKIN風) そろそろYouTuberでDJ ≫ 詳しくはこちら