Serato DJ Proのバージョンを使い分ける

Serato DJ Proのバージョンを使い分ける

Serato DJ Proは、対応ハードウェアの追加や、コンピュータOSの更新などに対応すべく日々アップデートがおこなわれています。

最新のアップデート情報はこちら

しかしながら、最新のアップデートを適用すると以下のような問題が発生することがあります。

  • 自分の持っているハードウェア(DJミキサーやDJコントローラ)が対応してない
  • クラブ/ディスコ、いわゆる現場の機材が対応していない
  • 使っているコンピュータOSに対応してない

上記のような問題を避けるために、アップデートの前に互換情報を必ず確認しましょう。

[Serato DJ Pro] 生産終了のハードウェアとの互換性

[Serato DJ Pro] コンピューターOSとの互換性について


最新バージョンと旧バージョンをインストール(共存)しておく

サポート質問で、以下のような質問を多くいただきます。

  • 最新機種を購入したので、最新のSerato DJ Proにしたら、レギュラーで回しているハコの機材が使えない
  • 機能が増えすぎて、やっぱり前のバージョンにしたい、、

前者は、クラブ現場でよく使用されている「RANE SLシリーズ」のユーザーからよくいただきます。確かに現場に赴いて、いつもの機材が使えなくなるのは、DJとして厳しいですよね。

Serato DJ Proは「アーカイブ」として旧バージョンのダウンロードを用意しているので、最新バージョンを本格運用する前に旧バージョンも残しておくと良いでしょう。

Serato DJ旧バージョンのダウンロードについて

はい。ここから、今日の本題です。

「どうやって、旧いバージョンと新しいバージョンを両方を使えるようにするのですか?」

ですね、確かに疑問です。WindowsでもMacでも、アプリケーションの旧バージョン、新バージョンを両方(もちろん複数も)インストールしておくことが可能です。

以下に方法を記すので、ご参考に!

旧バージョンを残す方法:アプリケーション名を変更する

最新バージョンをインストールする前に、旧バージョンの名称を変更することで、最新バージョンをインストールしても旧バージョンは上書きされることなく、残ります。

もちろん、すでに最新バージョンに上書きしてしまった方は、こちらから旧バージョンをダウンロードすることもできますよ。

Mac編:「アプリケーション」フォルダにあります。

  1. インストールされている現在バージョンのアイコンをクリックします。
  2. 次にアイコンの「名称」部分をクリックして、水色に反転させます。
  3. アプリケーションの名称を変更できるようになるので、以下のようにバージョン名などを入れておくと良いでしょう。

Windows編:Cドライブ / Program Files / にあります。

  1. インストールされている現在バージョンのアイコンを右クリックします。
  2. アプリケーションの名称を変更できるようになるので、以下のようにバージョン名などを入れておくと良いでしょう。

以上の作業でOKです。この後に最新バージョンをインストールしても、旧バージョンは残り続けるし、Serato DJ Proで作成した「CRATE(プレイリスト)」は両方のバージョンで利用できるようになります。

ちなみに、私のマシンはこんな感じなっています。


本日はここまで。また次回思いついたら、豆知識的な内容をつらつらと。

たらま

音楽の"タノシイ"と"オモシロイ"ものを求めて、日々奮闘中。 仕事とプライベートの境が家族でもわからないと言われて、早10数年。