GrandVJ 2

定番のビデオミックスソフトウェア

Powerful Video made Easy
コンピュータにあるビデオ・クリップをDJミックス感覚で加工したりミキシングできるソフトウェア。最大で16チャンネルのレイヤー(バージョン2.3以降)とビデオ・エフェクト、トランジションと音との同期などあなただけのオーディオ・ヴィジュアル・ショーが生まれます。

¥44,990 (税込)

Share on facebook
Facebookでシェア
Share on twitter
Twitterでシェア

説明

製品のチュートリアルはこちら

imag_gvj-intro-0_690

Video

Play. Mix. Perform.

DJがトラック(曲)をつなぐ感覚でビデオクリップをミックス。動画、テキスト、Webカメラやライブカメラの映像の読み込みも可能。 独立したプレビューによるA/Bクロスフェード・モードはリアルタイムプレイをより簡単に、そして、DJがヘッドホンで次のトラックを聴くように、Browser Preview機能は出力する前に映像素材とエフェクト、トランジションのプレビューが可能です。

Works with all setups

MacとWindowsの両プラットフォームと、共通のビデオフォーマットに対応します。直感的なインターフェイスでコンピュータ・キーボードが魔法の杖に早変わり。さらにMIDIコントローラでの操作はもちろんのこと、OSCプロトコルにも対応するので、iPhone / iPadでもコントロールが可能。

VJs & Musicians reunited

ArKaosConnectプラグインは同一のコンピュータやネットワーク上のコンピュータ上でVST対応のDAWを走らせることで、Grand VJがDAWからのMIDI信号を受信することを可能にします。 セットアップはとても簡単で、プラグイン本体が自動的に構成されます。 VJにとってArKaosConnectはミュージシャンとの新しい対話になるだけでなく、ライブ演奏に対して動画を加えることも即座に可能。

Easy as 1, 2, 3,…

ニーズに合わせた、カスタマイズが可能なユーザーインターフェイス。MIDIコントローラのアサインを簡単にする「ラーン機能」も搭載、新たなコントローラを導入するのも躊躇しません。 もちろん、主要なコントローラのプリセットも予め用意されています。

Supports almost everything

ほぼ全ての映像フォーマットに対応するだけでなく、カメラの入力にも対応。リアルタイム映像にエフェクトをかけたり、テキストやフラッシュを挿入するのも思いのまま。 ミキシング・モードではA-Bミキサーによってトランジション・エフェクトが作用されて、シンセ・モードではこれまでに見たこともないトランジション効果を得られるでしょう。

Can compose with Quartz

Macユーザーには特別な機能があります。Mac OSXのビジュアル・プログラミング言語 Quartz Composerに対応しているので、Grand VJでQuartz Composerの映像をミキシングすることもできます。

High performance for both PC and Mac

Grand VJが持つソフトウェア・ゲンロックは、フレームを落とすことなく最高60FPSでビデオを再生することができるので、出力の品質を保ちつつソフトウェアフレーム・レンダリングやソフト・エッジをサポートします。 デスクトップ、ラップトップを問わずにPCとMacの両方で安定した動作を保証しています。

インターフェイスの刷新

GrandVJ 2 では作業をすばやく直感的に行うためにインターフェイスを刷新、たとえばオレンジはレイヤー、セルは青。また、” パネルロック” のように頻繁に使う機能も効率よく配置しました。

フレキシブルなライセンスシステム

GrandVJ 2 ではソフトウェアのアクティベーションシステムを大幅に改善しました。もう長いコードをコピー&ペ―ストする必要はありません。一つのライセンスで同時に二台のパソコン上(メインとバックアップのコンピュータ)で利用可能です。ライセンスのディアクティベート( 解除)に対応し、アクティベーションの管理が用意になりました。 (インターネット接続環境必須)

パフォーマンスの改善

ビデオエンジンがパワーアップされ、最新のコーデックも対応。CPU マルチスレッディングに対応することでパフォーマンスが大幅に向上します。

音声ファイルの再生に対応

オーディオファイルの読み込みが可能になりました。BGM を試聴するためだけに別のソフトを起動しなくても、mp3 ファイルをセルとレイヤーにドラッグ& ドロップしビデオクリップをミックスできます。

新しいエフェクトとトランジション

‘Edge Glow’、’Video Signal Distortion’ そしてライブ環境で色調、彩度、輝度をすばやく操作できる’Colour Correction’ などのエフェクトが追加されました。

Video Mapper モジュール(XT バージョンのみ)

プロジェクションマッピングを可能にする追加モジュールです。 GrandVJ XT 製品ページ

  • Windows / Macintosh両対応
  • 設定自在な外部フルスクリーン機能
  • ほぼ全ての映像フォーマット(Quicktime、Mpeg2、Mpeg4、Mkv、Vob、Windows Media、Flash*ActionScript3対応)に対応
  • 映像素材のインポートやハードディスク内の素材管理が簡単
  • シンセモードとミキサモードの2つのインターフェース
  • カスタマイズ可能なパネルレイアウト
  • アサイン可能な50種類のエフェクト
  • MIDIアサイン可能
  • OSCプロトコル対応
  • CoreAudio / ASIOの入出力に対応
  • VSTでDAWソフトウェアなどから、コントロール可能(Arkaos Connect機能)
  • 音声トラック付きファイルも利用可能

プロジェクションマッピングを行うには

GrandVJ 2 をGrandVJ 2 XTにアップグレードすることにより、話題のプロジェクションマッピングを可能にする拡張機能「Video Mapperモジュール」が搭載されます。

GrandVJ XT 製品ページ

GrandVJ XT UPG 製品ページ

※ GrandVJ 1.6 をお持ちの方は GrandVJ 2へ無償でバージョンアップが可能です。

【GrandVJ 2 へバージョンアップする】

※ GrandVJ 1.6 をお持ちの方は GrandVJ 2 へ無償でバージョンアップが可能です

GrandVJ 1.6 → GrandVJ 2 バージョンアップ方法(PDF)

【Video Mapperモジュール(プロジェクションマッピング機能)が搭載されたGrandVJ 2 XTへアップグレードする】

GrandVJ XT UPG 製品ページ

追加情報

Windows:

OS:Windows™ 7、8、10
CPU:Intel™ Core i3以上(Core i5以上推奨)
メモリ:4GB以上
その他:DirectX™ 9.0c以上が必須

Mac:

OS:macOS 10.13以上
CPU:Intel™ Core i3以上(Core i5以上推奨)
メモリ:2GB(4GB以上を推奨)

共通:

ビデオカード:3Dアクセラレーションカード必須。IntelTM HD3000以上、AMD HD5000シリーズ、nVidia GeForce 9000シリーズ推奨
空きHDD容量:300MB〜1.5GB(インストールオプションによって変動)

内容物:

製本マニュアル、インストールガイド、コンテンツダウンロード案内

ダウンロード


  • デモ版ではファイルの保存ができません。
  • デモ版はお客様の環境にて製品をお試しいただくもので、インストール及び操作方法などのご質問はお受けできません。お客様の自己責任のもとご利用いただく形となりますので、予めご了承ください。

チュートリアル

サポート

お知らせ

アップデート情報

よくある質問

関連製品

関連記事