INSPIRATA ユーザーマニュアル(実践的な応用 – 4)

INSPIRATA ユーザーマニュアル(実践的な応用 – 4)

実践的な応用 – マルチチャンネルレコーディングをステージにマッピングする

モノラル録音のマッピング:モノラル録音は、INSPIRATAの音源一つで表現できます。ステレオ幅をさらに広げたい場合は( [Width] スライダーと [Spatial] タブのコントロールを調整後)、同じモノラル信号を別の音源にルーティングすることで、音源の「クローン」を作成できます。2番目の音源を最初の音源から離して配置すると、一層の広がり感が得られます。

ステレオ録音とサラウンド録音のマッピング:ステレオ録音は、INSPIRATAでは2つの音源で最良に表現でき、サラウンド録音は3つ以上の音源で表現できます。ステレオ録音の場合は、左チャンネルを一方に、右チャンネルをもう一方の音源にルーティングしてください。それらを互いに近づけたり、離したりすることで、音源の知覚幅を大きく変えられます。マルチチャンネル録音は、INSPIRATAの複数の音源で最良に表現することもできます。音源の数と位置は、アプリケーションごとに異なります。