Top > トピック > 【現地レポート】NAMM2017【1日目】

【現地レポート】NAMM2017【1日目】

米国時間の2017年1月19日〜1月22日にカリフォルニア州のアナハイムで開催される、世界最大の楽器見本市「NAMM2017」を現地からディリゲントスタッフがお届け!


Day.0


無事に米国へ入国!
NAMM期間中に新大統領の就任式があるので、この写真を見るのも最後ですね!

それでは、明日から取扱製品を中心にショウレポートをお送りしますので、ご期待くださいませ!


Day.1

はい!

NAMMの始まりを告げるUpBeatを手に入れたので、1日目レポートです!

上の写真はほんの一部で、NAMMの会場は巨大で、1日ではとても回りきれませんので、3日に渡って当社取扱の新製品を紹介します。


Reloop

一発目はすでにしもむら連載でも紹介した、新DJミキサー RMX-90DVS。Serato DJ用のオーディオインターフェイスが内蔵されているので、Serato DJがインストールされているコンピュータとUSB接続して、ターンテーブルとControl Vinylがあればこれで DVSプレイができます。

DVS対応のDJミキサーは15万円以上のものが多く、製品によっては「別途Serato DJライセンスを購入」する必要があるのですが、RMX-90DVSは12万5千円(予価)で Serato DJDVS Expansionがハードウェア認証されるので本当にお得ですし、現場にRMX-90DVSがあれば、Serato DJを予め入れたコンピュータとControl Vinylを持ち込めばみんなでDJもできますね♪

Decksaver

お次は、昨年から取扱いを開始しまして、シンセユーザーやDJ機材ユーザーに多くの支持を得ている機材保護カバー。今回は新たに3モデルが追加になりました。

Roland DJ-808用

こちらは昨年Roland初のSerato DJコントローラとして発売された機種。欧米では人気が高く、日本でも多くの楽器店で展示されていますね。高機能かつ高価だからこそDecksaverで守りたいですね。

Pioneer DJ DJM-450

こちらは昨年末ぐらいに発売になったホームユーザー向けDJミキサー用。自宅環境だと、うっかりミスで機材を傷つけることがあるかもしれませんし、ホーム向けだと仲間内のホームパーティーで持ち運びすることもありますので、Decksaver必須です。

Roland JUNO-DS

こちらは軽音楽部などに人気のあるシンセサイザー。部活での移動も多いことから、以前よりDecksaverの要望が多く、当社ディリゲントからの依頼で本当に作ってもらいました!全国の楽器店様、ご注文お待ちしております!

Decksaver プロダクトマネジャーMustafaさん(イケメン!)


Mixcraft

バージョン8が現場で発表になりました!Melodyne Essentialsが導入されているなど、多くのプラグインが追加されています。営業担当副社長のAnthonyさんが簡単なデモをしてくれましたので、ご覧ください。

最後にAnthonyさんとディリゲント営業部長とパチリ♪

明日もお楽しみに!