Serato Play

DJコントローラーを使わずにコンピューターだけでDJプレイ

Serato Playは、専用ハードウェアを接続せずに、コンピューター単体でDJプレイが可能になる、Serato DJ Pro用のエクスパンション・パックです。コンピューターのキーボードだけで、EQやエフェクト、フィルターなどの機能を操作できます。

Serato DJ Pro Play Overview

製品詳細

サウンドをシェイプする

Serato Playのミキサーパネルで、クロスフェーダー、ピッチやゲインのコントロール、Sync機能、EQやフィルターなど多彩な機能をコントロールできます。

高度な機能

Serato Playは、専用のハードウェアを必要とせずに高度な機能を提供します。 ホットキーとスプリット・キュー・モニター、また多彩なカスタマイズ機能により、DJプレイの可能性が無限に広がります。

エクスパンション・パックも使用可能

Serato Playはさらに、DVSを除くすべてのエクスパンション・パック(Flip、Pitch 'n Time DJ、Video、およびFX)と併用が可能です。また、SoundCloudとTIDALを使用して、何百万ものトラックを直接ストリーミングすることもできます。

仕様

最低動作環境

Serato DJ Pro バージョン2.2・2019年7月現在

OS:
  • *Windows 7 / 8.1 / 10
  • macOS 10.12 Sierra / 10.13 High Sierra / 10.14 Mojave

注意:64bit OSのみに対応(32bit OSには対応していません)

CPU:
  • Intel Core i3、i5、i7、i9(1.07GHz以上)

注意:AMD製のCPUは対応しておりません
Pitch ‘n Time DJを使用する場合は「Core i5」以上を推奨します。

メモリ容量:
  • 4GB以上推奨

※ ライブラリの容量によっては、より大きなRAM容量があると有利です。

空きHDD容量:
  • 5GB
画面解像度:
  • 1280 x 720
両プラットフォーム共通:
  • USBポート
  • インターネット接続環境

Serato Video使用時は、384MB以上(1GB以上を推奨)のビデオメモリが必要です。

※ Serato Playは、Serato DJ Pro用のエクスパンション・パックですので、ご使用の際は、別途Serato DJ Proが必要です。

価格 3,400円
JANコード 4534217605360
備考

※本製品はライセンス及びインストールガイドのみの提供となり、USBメモリ/DVDディスク等のメディアは提供されません

チュートリアル

チュートリアル 2019年5月8日

【DJ連載-111-】Serato Play専用のHot Keyを使うぞっ!

Serato Playのホットキー、解説してて、え、めっちゃ覚えやすっ!ってなりました! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年4月24日

【DJ連載-110-】Serato Playの設定をしよう!

Serato Playが間も無く日本でも発売? その前に細かいとこ、覚えておきましょう! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年4月17日

【DJ連載-109-】Serato Playのおすすめポイント! コントローラなしでMIXが作れちゃう!

Serato Playって知ってますか? コントローラがなくてもDJできてしかもMIXも録音できちゃうんです! ≫ 詳しくはこちら

製品サポート