Play music at home 〜 ラップトップだけでDJ

Play music at home 〜 ラップトップだけでDJ

コロナ禍で、イベントやクラブ営業が中止になり、自宅でお過ごしになっているDJさんも多くいるかと思いますが、そんな中、ライブ配信などを活用している方も多く、私もそういったライブ配信を見ることが、日々の楽しみになってきました♪


しかしながら、自宅にターンテーブルやDJコントローラを敢えて置かずに、現場のみでプレイされている方は、DJプレイしたくてもできませんよね、、。

当社取扱のSerato DJ ProもDVS用インターフェースやDJコントローラ等の「専用デバイス」との接続が前提の仕様になっているので、専用デバイスを接続しないと、下のような画面になってしまいます。

この画面(モード)だと、CUEポイントの編集や FLIPの編集はできるのですが、シングルプレーヤーなので、DJプレイができないんですね、、。

そこで、こちら!!

Serato DJ Proに「Serato Play」プラグインを追加すれば、 DJプレイに必須な二つの機能が追加されます。

  • 2デッキ
  • クロスフェーダー
Playを有効にした画面

上記以外にも各デッキに「ボリュームフェーダー」「ゲイン」「EQ(イコライザー)」「フィルター」「エフェクター」なども使えるようになるので、早い話が、、、

パソコンだけで、DJプレイができる!

ってことです。

「ん?もう知ってるよ、ずっと前に発売になってるし」

そうなんです、すでに発売済みなんですが、、この世界的なコロナ禍で家で過ごされている Serato DJ Proユーザーのみなさまを応援する意味も込めて、開発元Seratoが5月末まで、Serato Playを無償提供中!

バナーをクリックすると、Serato.comにリンクします。

この機会に、Serato DJ ProのエフェクターやFLIP機能をじっくりと試すにも最適ですよ♪


Serato社は、Playの無償提供だけでなく、Serato Keeping Busyという専用サイトを立ち上げて、Serato DJ ProやStudioの豆知識やアーティストの情報やライブ配信などを随時お送りしているので、こちらもぜひご覧ください。

#playmusicathome  #stayhome


“Play”を使うには、Serato DJ Proを予めインストールしておく必要があります。インストーラのダウンロードは以下URLから

https://dirigent.jp/support/update/65854/

※ ダウンロードには、Serato.comアカウントを作成する必要がございます。

たらま

音楽の"タノシイ"と"オモシロイ"ものを求めて、日々奮闘中。 仕事とプライベートの境が家族でもわからないと言われて、早10数年。