Top > トピック > Reloop コントローラシリーズ スタートアップガイド vol.3

Reloop コントローラシリーズ スタートアップガイド vol.3

Reloop コントローラシリーズ スタートアップガイド vol.3

Vol.2では、Terminal Mix 4とTerminal Mix 2に同梱されているDJソフトウェア「Serato DJ Intro」のセットアップ、そしてDJプレイの基本をわかりやすく解説しました。Vol.3ではエフェクターやループを活用したDJプレイの応用を解説したいと思います。

なお、この記事はReloop Terminal Mix 4、Terminal Mix 2の使用を想定した内容となっています。それぞれのコントローラの技術仕様などは、各製品ページをご参照ください。

DJプレイ応用編:Serato DJ Intro

エフェクターを使用する方法

DJ Introには各デッキにエフェクターが搭載されていて、簡単に効果的な音にすることができます。

DJ-FXボタンをクリック

1. DJ Intro画面のDJ-FXボタンをマウスでクリックします。

2. エフェクター画面が表示されます。

Serato DJ Intro エフェクター画面

▶ クリックして拡大

FXセクションのノブとボタン

3. エフェクターのオン/オフやエフェクターの掛かり具合の変更は、Terminal MixのFXセクションのノブとボタンで行います。

4. ひとつのデッキに対して最大で3つのエフェクターが適用できます。それぞれのエフェクターの種類を変更するには、エフェクターのプルダウンメニューから選択します。

エフェクターのプルダウンメニュー

LOOPを作る方法

Loop(ループ)とは、特定の箇所を繰り返し再生することを言います。

マニュアル・ループ

手動で指定した任意の場所を繰り返し演奏します。

Loop IN

1. デッキを再生している状態で、任意の場所でINボタンを押すと、Loopの開始点が設定されます。

Loop Out

2. 次にLoopの終了点の場所が来たら、OUTボタンを押すと、Loopの終了点が設定されます。

波形画面

波形画面が左記のようになり、反転した部分が繰り返し演奏されます。

SETノブ

3. Loopの解除を行う場合はSETノブを押します。

オート・ループ

指定した任意の場所を繰り返し演奏します。

SET Lengthノブ

1.SET

ノブ
を回して、Loopの長さを設定します。

Loopの長さはデッキ画面で確認

Loopの長さはデッキ画面で確認できます。

※数字は拍数を意味します(例:4=四拍つまり1小節)

反転した部分が繰り返し演奏される

2. デッキを再生している状態で任意の場所でSET

ノブ
を押すと、設定された長さに応じてLoopが設定され、波形画面が下図のようになり、反転した部分が繰り返し演奏されます。

SET Lengthノブ

3. Loopの解除を行う場合はSETノブを押します。

次回はVirtual DJ LEのセットアップとDJプレイ基本編をまとめてみたいと思います。


投稿者:Web Master

関連する記事をもっと読む

関連製品情報ページ