ハードウェアシンセサイザーを活用するためのMIDI知識 vol.8

ハードウェアシンセサイザーを活用するためのMIDI知識 vol.8

前回に引き続きDAWベースの制作環境でM4U eX / M8U eXを使用する際の設定ポイントを紹介します。

今回はPro Toolsの場合について解説したいと思います。

Pro Toolsにおける設定のポイント(基本編)

最初にM4U eX / M8U eX(今回もM4U eXを使用)を使用するMacとUSBケーブルで接続したらPro Tools(バージョンは2020.3.0を使用)を起動します。基本的にPro ToolsにおいてもOS標準機能の「Audio MIDI設定」の設定が反映されます。ポートに接続されているシンセや他のMIDI楽器の台数の増減や接続変更などがあった場合には「Audio MIDI設定」を開いて修正を行なうと良いでしょう。Audio MIDI設定については前々回のDPの設定で解説した通りですので、そちらを参考にしてください。

さて、新規セッションをテンプレートを使用しないで作成した場合、編集ウインドウ上には何もトラックが用意されていませんので、まずはMIDIトラックを作成しましょう。メニューバーのトラック → 新規 と選択すると新規トラック作成のダイアログが開きます。

新規トラック作成を行なうメニューの位置。キーボードショートカットはシフトキー + コマンドキー + Nキーでも実行可能。

ここで、MIDIトラックを指定し、適宜トラック名を入力したら作成ボタンをクリックします。

作成するトラックの種類や詳細を設定するダイアログ。必要に応じて作成するトラック数などもここで設定可能。

編集ウインドウ上にMIDIトラックが作成されていますので、I/Oの部分でMIDIの入出力ポートとMIDIチャンネルを指定すればオーケーです。

MIDIトラックが作成された状態。黄色の枠線で囲んだ部分がMIDIのI/O設定部分となる。

ここでの設定は上がMIDI IN(入力元)、下がMIDI OUT(出力先)になっていますので、使用するデバイスのポートとMIDIチャンネルを設定しましょう。

MIDI OUTのポートを設定している状態。

MIDI INのポートを設定している状態。

それぞれポートを指定するとこのように表示される。

尚、Pro ToolsにおけるMIDIの設定は、比較的容易に行なえますが、Audio MIDI設定の状態を確認したい場合なども生じる可能性があります。その場合はメニューバーの設定 → MIDI → MIDIスタジオ と選びましょう。

MIDIスタジオを表示させるメニューの位置。

すると、直接Pro Toolsのメニューから直接呼び出すことが可能です。

表示させたAudio MIDIスタジオの状態。

仮にMIDIスタジオ画面が非表示状態だった場合には、Audio MIDI設定のメニューバーのウインドウ → MIDIスタジオを表示 と選べば表示されます。

Audio MIDIスタジオ画面が非表示の場合は、メニューバーのこの位置から選択すればオーケーだ。


内藤朗

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多方面で活動中。S.E.N.Sのレコーディングサポート、安部OHJIの様々なプロジェクトでのレコーディング、ライブなどに参加の他、バンド「島へ行くボート」で活動中。黎明期からMIDIやDTMとの関わりは長く、音楽制作系のライターとしても広く知られており、近著に「音楽・動画・ゲームに活用! ソフトシンセ 音作り大全」(技術評論社刊)などがある。有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究会会員。