[CFexpress] ファームウェア – AVX2.14 – アップデート情報

Angelbird CFexpress Type Bカード用のファームウェアが2.14に更新されました。

ファームウェア:Ver. AVX2.14

  • AV PRO CFexpress MK2(4TBモデル)とAV PRO CFexpress XT MK2(1320GBモデル)カードへの対応
  • パフォーマンスの改善

対象カード:

製品名 容量 型番
AV PRO CFexpress SE 512GB AVP512CFXBSE
AV PRO CFexpress SX2 160 GB AVP160CFXBSX
AV PRO CFexpress MK2 1TB AVP1T0CFXBMK2
AV PRO CFexpress MK2 2TB AVP2T0CFXBMK2
AV PRO CFexpress MK2 4TB AVP3T0CFXBMK2
AV PRO CFexpress XT MK2 330 GB AVP330CFXBMK2XT
AV PRO CFexpress XT MK2 660 GB AVP660CFXBMK2XT
AV PRO CFexpress XT MK2 1320 GB AVP1T3CFXBMK2XT

注意 AV PRO CFexpress、およびAV PRO CFexpress XTは、本ファームウェアの対象外です。

ファームウェアのアップデートを行うには、Angelbird CFexpressカードリーダー(型番:CFX32PK)が必要ですCFX31PK [販売完了] も対応しています)。

CFEXPRESS CARD READER MK2

CFexpress Type B用カードリーダー

  • 注意 データが消去される場合がございますので、ファームウェアのアップデートを行う前に、カード内のデータは必ずバックアップしてください。

  • 注意 アップデートの処理中は絶対にコンピューターからカードリーダーおよびカードを取り外さないでください。故障の原因になります。

アップデート手順


forward アップデート手順:Windows

こちらから、アップデートツールをダウンロードしてください。

  1. カードリーダーがコンピューターに“接続されていない”ことを確認してください。
  2. 上でダウンロードした「Angelbird CFexpress Card Firmware Update Tool Win v1.3.0.zip」を展開(解凍)してください。この際必ず、展開ユーティリティーを用いるか、あるいはZIPファイルを「右クリック > すべて展開」を選択して展開してください。
  3. フォルダー内の「Angelbird CFexpress Card Firmware Update Tool v1.3.0.exe」を起動します。

  4. アップデートツールが開いたら「Next」をクリックします。

     

  5. カードリーダーを接続してカードを挿入するよう指示が出ます。最初にカードリーダーをコンピューターに接続し、その後にカードをカードリーダーへ挿入します。
  6. カードを挿入すると、以下の画面が表示されるので、「>」をクリックします。

     

  7. カードが認識され、かつ最新ファームウェアへの更新が適切と判断されると、以下のような画面が表示されます。
  8. バックアップを促すメッセージが表示されます。カード内に撮影データが残っていて、なおかつバックアップを済ませていない場合は、この時点でバックアップを行なってください。 これから先に進んだ場合、元には戻れません。バックアップを終えているか、再度ご確認ください。よろしければ「Update」をクリックして次に進みます。
  9. ファームウェアのアップデートが開始されます。通常、アップデートは数秒で終了します。
  10. アップデートが終了したら、以下の画面が表示されます。

     

  11. アプリケーションを終了し、カードリーダーからカードを取り外し、お使いのカメラの初期化メニューからカードをフォーマットしてお使いください。

    注意 既にお使いのカードのファームウェアがVer.AVX2.14の場合は、下記の画面が表示され、アップデートする必要はございません。

     


forward アップデート手順:Mac

こちらから、アップデートツールをダウンロードしてください。

  1. カードリーダーがコンピューターに“接続されていない”ことを確認してください。
  2. 上でダウンロードした「Angelbird CFexpress Card Firmware Update Tool macOS v1.3.0.dmg」をダブルクリックして、ディスクイメージをマウントし、開いたウインドウから「CFexpress Card Firmware Update Tool」をダブルクリックで開きます。

  3. アップデートツールが開いたら「Next」をクリックし、ヘルパー・アプリのインストールと更新ドライバーのロードを行います。

    注意 ヘルパー・アプリと更新ドライバーは、ツールを終了すると自動的にアンインストールされます。
  4. 更新ドライバーのロードには、数回の認証が必要です。認証を促すメッセージが表示されたら、コンピューターのユーザー名とパスワードを入力してください。

  5. 機能拡張がブロックされました」というメッセージが表示されたら、「OK」ではなく「セキュリティ環境設定を開く」ボタンをクリックします。

    1. システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」画面が開いたら、ウインドウ下段で、開発元が「Angelbird Technologies GmbH」であることを確認し「許可」ボタンをクリックします(左下の鍵を開く必要がある場合もあります)。

      注意許可」ボタンは、ポップアップが表示されてから30分間しか表示されません。30分経過した場合に再度ボタンを表示するにはコンピューターとアプリを再起動してください。
      macOS Big Sur の場合

      macOS 11 Big Surをお使いの場合は、この段階で再起動するよう求められます。「再起動」をクリックします。

      Apple Siliconを搭載したMacの場合は、自動的に「リカバリーモード」で起動するので、「Security Policy…」をクリックします。

      セキュリティレベルを「Reduced Security」(下図1)に設定し、「Allow user management of kernel extensions from identified developers」(下図2)にチェックを入れて「OK」をクリックします。

      再起動後、再度「CFexpress Card Firmware Update Tool」を開き、手順を進めます。

  6. アップデートツールに戻って「Retry」をクリックしてください。承認が成功した場合は、作業が続行されます。再試行がうまくいかない場合は、コンピューターを再起動してからもう一度行ってください。

     

  7. カードリーダーを接続してカードを挿入するよう指示が出ます。CFexpressカードを挿入したカードリーダーを、コンピューターに接続します。 CFexpressカードが検出されると、ツールが続行されます。
  8. バックアップを促すメッセージが表示されます。カード内に撮影データが残っていて、なおかつバックアップを済ませていない場合は、この時点でバックアップを行なってください。
    これから先に進んだ場合、元には戻れません。バックアップを終えているか、再度ご確認ください。バックアップを終えている場合は、「Update」をクリックして次に進みます。

     

  9. ファームウェアのアップデートが開始されます。通常、アップデートは数秒で終了します。

  10. アップデートが終了しました。アップデートツールを終了します。

     

  11. カードリーダーからカードを取り外し、お使いのカメラの初期化メニューからカードをフォーマットしてお使いください。


    注意 既にお使いのカードのファームウェアがVer.AVX2.14の場合は、下記の画面が表示され、アップデートする必要はございません。

以上がアップデートの手順となります。正常に行えないなどご不明な点がございましたら、ディリゲントの「マイページ」からお問い合わせください。