AV PRO CFexpress MK2

高度な映像制作に適した、大容量かつ高速なCFexpress Type Bカード

AV PRO CFexpress MK2は、最大4 TBものストレージ容量と、12K RAW動画記録をカバーする1300 MB/sの持続記録性能を備え、大容量データの記録を必要とする映画撮影や、高解像度かつ高ビットレートの動画記録に最適なCFexpress Type Bカードです。AV PRO CFexpress MK2は、RED Digital Cinema社(以下、RED 社)の8Kシネマカメラ「V-RAPTOR」の記録メディアとしてRED社から公式に承認(2 TB モデル *1)を得ており、V-RAPTORが必要とする8K RAW 120fpsの記録要件をクリアしています。

対応カメラを確認する

● ご購入の前にお使いのカメラに対応しているかを必ずご確認ください。


※ 注意:4 TBモデルは、近日入荷予定です。

VIDEO SALON :videosalon.jp/

ニコンZ 9ファームアップで可能になった8K RAW動画のワークフローを検証する

REPORT◎井上卓郎 ニコンZ 9の新ファームウェア「 Ver.2.0.0 」が公開された。Z 9の開発発表当初から公表されていたが、今回のアップデートでついにRAW動画の本体内収録機能が実装された。しかも8K DCIを超える8.3Kが60pで撮影ができる。また8Kは撮影できないがProRes RAWでも収録が可能だ。今回はRAWのワークフローが中心なので省くが、録画中の赤枠表示や情報ディスプレイの追加、ウェーブフォームモニターの追加などニコンの本気を感じさせるアップデートだ。筆者はこのアップデートを見越してZ 9を導入したのだが、期待にたがわぬどころか期待以上のアップデートだった。

¥78,100¥290,400 (税込)

クリア

説明

CFexpress™ 2.0 | Type B

最大読込速度:1785 MB/s
最大書込速度:1550 MB/s

RAW 12K+のための
持続的なパフォーマンス

大容量対応

Stable Stream™

独自の転送安定化技術「Stable Stream™」により、強力な書き込み速度をサポートし、撮影セッションの間、カードの全容量にわたって信頼性の高い速度を維持

超高速転送

1300 MB/sの書き込み速度を維持することで、カードの容量に関わらず、長時間の録画に対応する安定した書き込み性能を実現

独自のY2プロセッサー採用

高データレートの動画や高解像度の写真を処理するために設計された、卓越した処理能力を誇るプロセッサーを採用

適応型温度管理 *2

使用状況に応じて働く適応型温度管理機能を採用することで、過熱によるデータ損傷や記 録フレーム欠損の脅威からコンテンツを保護しながら、カードを安全にシャットダウン

先進の電力管理 *3

低消費電力のバスパワー駆動により、カメラのバッテリーの消耗を抑えて持続時間を改善し、カードに掛かる不要な負荷を軽減

電源喪失時保護機能 *4

撮影中の事故により電源を喪失した際、記録コンテンツの損失や破損を防ぐためにカードを安全にシャットダウン

強固で揺るぎない品質

温度センサー、TRIM、ECC(エラー検出訂正)、電磁保護、内蔵キャッシュ、SMARTを備え、さらに耐環境性(湿気、X線、衝撃、塵)仕様も実現。動作温度 -10°Cから70°Cに対応し、極端な温度環境下での使用にも耐えうる品質

高速なデータオフロード

20 Gb/s のデータ転送 *5をサポートするAngelbird CFexpress Type B Card Reader(型番 CFX32PK / 発売中)との組み合わせ により、高速かつ効率的なポストプロダクションのワークフローを提供。撮影後のデータオフロードも快適

生産国:オーストリア

設計、エンジニアリング、組み立て、テストに至るまで、サプライチェーンのすべての側面をオーストリアのオフィスで直接行い、お客様の手に渡る製品が最高品質であることを保証

Stable Stream™による高い持続記録性能

カメラに負荷が掛かる8K+RAW記録や連続撮影において、高解像度のフレームを詳細にキャプチャするためには、カードの容量を使い切るまで記録性能が低下しない持続的な書き込み速度が必要です。Angelbird独自のStable Stream™テクノロジーは、強力な書き込み速度をサポートし、撮影セッションの間もカードの全容量にわたって信頼性の高い速度を維持することができます。

カードの性能を出荷時状態へ復元する、リフレッシュ機能に対応

Angelbird SSD Manager *6

同社のAngelbird CFexpress Type B Card Reader(型番 CFX32PK / 発売中)とAngelbird SSD Manager(Mac専用ソフト / 無償)を使えば、カードのパフォーマンスを出荷時状態へと復元させるリフレッシュ機能に対応。メモリーカードは、対策を講じない限り書き込みを繰り返すことでパフォーマンスが低下しますが、重要な撮影前にカードをリフレッシュさせれば、安心して撮影に臨むことができます。リフレッシュと同時にSecure Erase(データの完全消去)が行われるため、機密情報が含まれるプロジェクトのデータを安全に消去することもできます。

※ Angelbird SSD Managerは、AngelbirdのWebサイトに製品登録することでダウンロード可能になります。製品登録の手順はこちらをご参照ください。

※ カードのパフォーマンスを初期状態へと復元する機能であり、使用に伴うカードの経年劣化は復元できません。

 


Angelbird CFexpress Type Bメモリーカード、メディア掲載情報

デジカメ Watch:dc.watch.impress.co.jp

特別企画:メモリーカードでカメラの撮影性能はどれくらい変わるのか? ウワサのAngelbird製CFexpress Type Bカードで比較検証

キヤノンからEOS R3の具体的なスペックが発表された。意欲的かつ実験的な要素が多分に盛り込まれたモデルで大きな話題を呼んでいるが、一方で記録画質を重視したいシーンではEOS R5を選択する必然性が鮮明になってきた。一時期、同カメラは8K動画記録時の熱停止問題が話題となったが、この問題に関してボディ側の対応が取り沙汰されることはあったものの、記録メディアの側から検証されることはほぼなかった。今回は記録メディアを変えることで撮影性能にどのような影響が出るのかを、動画撮影シーンで一定の評価を得ているオーストリアのメモリーカードメーカーAngelbirdの製品を用いて検証していった。


註 
  • *1… 2022年3月14日現在、AVP2T0CFXBMK2のみがRED社によって正式に承認されており、V-RAPTORと互換性があります
  • *2… カメラのオーバーヒートを防ぐための機能ではありません
  • *3… カメラバッテリーの消費量は、カメラの設定や外気温等に左右されます
  • *4… 効果を必ずしも保証するものではありません
  • *5… ホストデバイスが USB-C 3.2 Gen 2×2 に対応している必要があります
  • *6… 2022年3月14日現在、macOS対応版のみが利用が可能です
  • 記載の転送速度は社内テストの結果です。実際の転送速度は、お使いのホスト機器や使用環境、その他要因によって異なる場合があります

 

追加情報

一般:

容量:1TB / 2TB / 4TB
フォームファクター:CFexpress Type B
サイズ:38.5 × 29.8 × 3.8 mm
重量:~ 7.0 g

パフォーマンス:

最大連続読出速度:1785 MB/秒
最大連続書込速度:1550 MB/秒
持続読出速度:1785 MB/秒
持続書込速度:1300 MB/秒

信頼性:

データ信頼性:内蔵EDC、ECC(エラー検出)機能
認証:RoHS、CE、FCC、UKCA、REACH、KC、RCM

電力仕様:

DC入力:3.3V ± 5%
消費電力(スリープ / アイドル / 最大):<50mW / 0.45W / 2.40W

技術仕様:

インターフェース:CFexpress 2.0, Type B, PCIe 3.0 ×2
機能:温度センサー、TRIM、ECC(エラー検出訂正)、電磁保護、SMART、消費電力管理

使用環境:

耐衝撃(動作時):50G
耐振動(動作時):15G
動作温度:-10〜+70°C
保存温度:-20〜85°C
動作湿度:5〜95%(結露しないこと)

保証:

3年間の限定保証(通常は1年間、メーカー登録実施で3年間へ延長)

型番:

1TB:AVP1T0CFXBMK2
2TB:AVP2T0CFXBMK2
4TB:AVP4T0CFXBMK2

ダウンロード

チュートリアル

サポート

お知らせ

アップデート情報

よくある質問

AV Pro CFexpressシリーズ比較表

 
AV Pro CFexpress SE

AV Pro CFexpress SX

AV Pro CFexpress MK2

AV Pro CFexpress XT MK2
容量 512 GB 160 GB 1 TB / 2 TB / 4 TB 330 GB / 660 GB / 1.3 TB
最大書込速度 850 MB/s 1600 MB/s 1550 MB/s 1600 MB/s
最小持続書込速度 800 MB/s 1480 MB/s 1300 MB/s 1480 MB/s
4K、6K、8K RAW ビデオ・写真 done done done done
12K RAW ビデオ・写真     done done
用途
  • 負荷が軽い動画記録や写真撮影に最適
  • 持続速度と容量のバランスが良いオールラウンダーな仕様
  • フラッグシップ・ミラーレスカメラに最適
  • 高速連続撮影(連写)に適した持続速度と容量
  • シネマカメラに最適
  • 大容量のデータ記録を必要とする映画の撮影や、高ビットレートでの動画記録に適した持続速度と容量
  • 高耐久仕様
  • 高速連続撮影(連写)に適した持続速度
  • 大容量のデータ記録を必要とする映画の撮影や、最高ビットレートでの動画記録に適した持続速度と容量
Stable Stream™ による持続記録性能 done done done done
Y2プロセッサー搭載 done done done done
オーバーヒート保護
(適応型温度管理機能)
done done done done
バッテリー持続時間の改善
(電力管理機能)
done done done done

Angelbirdについて

Angelbird Technologies GmbHは、プロフェッショナル向けに特化した、プロ品質の記録メディアを設計・製造するオーストリアのエンジニアリング企業です。大手カメラメーカー各社にその専門性を評価され、最新の撮影機材で最適なパフォーマンスを実現する、カスタムメディアソリューションの開発を共同で行っています。

常により良い技術、より高い品質を目指すという企業理念のもと、設計・開発・製造・サポートに至るまで、サプライチェーンのすべてを自社でコントロールしています。これにより、最適なタイミングで最新の製品を、最高の品質でお届けします。全てのAngelbirdユーザーと誠実に向き合うため、Angelbirdは常に革新的な製品開発を追求し、ユーザーのニーズに合わせた信頼性の高い製品を作り続けています。

Angelbirdは、コンパクトフラッシュに関する規格の策定、標準化および普及促進活動を行う業界団体であるCompactFlash® Association(CFA)において、新仕様の開発や、すべての技術的およびマーケティング上の問題に関する議決権を有し、CFAの方向性を主導するエグゼクティブ・メンバーの一員です。

関連製品

関連記事