Top > リリース > 【新製品案内】GrandVJ 2, GrandVJ 2 XT

【新製品案内】GrandVJ 2, GrandVJ 2 XT

GrandVJ 2 / XT 発売のお知らせ

このたびディリゲントでは、ベルギーに本社を置くArKaos(アルカオス)社が開発を行っているVJ ソフトウェアGrandVJ2、プロジェクションマッピング/ VJソフトウェア GrandVJ2 XTを販売させていただく運びとなりました。

GrandVJ 2(グランドVJ2)製品概要

【GrandVJの最新版】

【GrandVJ 2 + VideoMapper】

【GrandVJ 1/2からXTへのアップグレード】

【教育機関及び学生向け特別パッケージ】

※ GrandVJ Ver.1をお持ちの方は GrandVJ2へ無償バージョンアップ(ダウンロード)が可能です

GrandVJ 2 / GrandV J 2 XT の新機能

インターフェイスの刷新

GrandVJ 2 では作業をすばやく直感的に行うためにインターフェイスを刷新、たとえばオレンジはレイヤー、セルは青。また、” パネルロック” のように頻繁に使う機能も効率よく配置しました。

フレキシブルなライセンスシステム

GrandVJ 2 ではソフトウェアのアクティベーションシステムを大幅に改善しました。もう長いコードをコピー&ペ―ストする必要はありません。一つのライセンスで同時に二台のパソコン上(メインとバックアップのコンピュータ)で利用可能です。ライセンスのディアクティベート( 解除)に対応し、アクティベーションの管理が用意になりました。

(インターネット接続環境必須)

パフォーマンスの改善

ビデオエンジンがパワーアップされ、最新のコーデックも対応。CPU マルチスレッディングに対応することでパフォーマンスが大幅に向上します。

音声ファイルの再生に対応

オーディオファイルの読み込みが可能になりました。BGM を試聴するためだけに別のソフトを起動しなくても、mp3 ファイルをセルとレイヤーにドラッグ& ドロップしビデオクリップをミックスできます。

新しいエフェクトとトランジション

‘Edge Glow’、’Video Signal Distortion’ そしてライブ環境で色調、彩度、輝度をすばやく操作できる’Colour Correction’ などのエフェクトが追加されました。

VideoMapper モジュール(XT バージョンのみ)

話題のプロジェクションマッピングを可能にする追加モジュールです。
一つの画面出力に複数の出力「サーフェス」を作り、サイズ、コンテンツ、解像度が異なる複数の素材を同時にコントロール。
各レイヤー及びセルを別々に「サーフェス」へ出力して、立体物に向けた高度な映像表現を実現します。
大規模な3D モデル上でのマッピング構築や特殊な機材を必要とせず、コンピュータとプロジェクタだけで簡単にプロジェクションマッピングが可能になります。

必要動作環境

Windows ※1 Mac
OS XP / Vista / 7 / 8 Mac OS X10.6以降
CPU Intel™ Core 2 Duo 1.83GHz 以上 Intel™ Mac, Core 2 Duo 1.83GHz 以上
RAM 4GB 以上 1GB 以上(2GB 以上を推奨)
その他 QuickTime™ 7 以上, DirectX™ 9 Ext 以上必須 QuickTime™ 7 以上必須
ビデオカード 3D アクセラレータカードを推奨。
Intel™ HD 3000 以上。AMD HD5000 シリーズ以上。
nVidia GeForce 9000 シリーズを推奨。
ディスク空き容量 80MB 〜1.5GB(インストールオプションによって変動)

※ 仕様は断りなく変更される事があります

※1 Windows XP ではライブプレビュー機能をご利用いただけません