Serato Sample 1.2 アップデート情報

Serato Sample 1.2アップデート情報

このバージョンで、macOS 10.15 Catalinaに対応いたしました。

Serato Sample 1.2 ダウンロードリンク

ーー

主な新機能

  • 使用できるPadが最大32個まで増加
  • ホストDAW側のベロシティに追従するキューの機能を追加
  • コンピューターのアクティベーション方法を更新
    ※アクティベートするにはログイン、ディアクティベート(登録解除)はログアウトします

主な修正点

  • UIをクリックした時、オートメーションのパラメーターを選択および記録してしまう問題を修正
  • Windows環境で、スケーリングされたDPIを使用し、Seratoc Sampleを表示する問題を修正
  • プロジェクトを読み込む際に、キーボードモードのパッドが選択されない問題を修正
  • ズームイン後、波形がブロック状になる問題を修正
  • BPMを同期したサンプルの精度に関する問題を修正
  • NI社Maschine48kHzのサンプルレートを使用する場合のピッチの問題を修正
  • 既存のファイルの上に、短い音声ファイルをロードするとクラッシュしてしまうことがある問題を修正
  • パッドに表示されるテキストのコントラストを修正
  • Windowsユーザーのアカウントで特定のASCII文字が含まれている場合、アクティベートされてしまう問題を修正

Serato Sample

サンプラー・プラグイン