めざせ!Bitwig Studio 4.2 デバイスマスター – vol.4

めざせ!Bitwig Studio 4.2 デバイスマスター – vol.4

バージョン4.3アップデートについて

先日のバージョン4.2へのアップデートから早くもバージョン4.3のアップデートがアナウンスされました。

正式リリースは2022年第2四半期(6月一杯)とのことで、現在はベータ版(現在のバージョンは4.3 Beta3)が公開されています。今回はその情報について少しだけ紹介したいと思います。

バージョン4.3アップデートでは、以下のような内容がアナウンスされています。

  • 新しいFXデバイス「Convolution(コンボリューション)」と「Delay+」の追加
  • Polymerの2個のモジュールの刷新
  • FXトラックに独自のセンドを装備し、ダイレクト・フィードバック・ルーティング機能の追加
  • ADSRモジュールにサスティンを中心としたバイポーラ信号用「バイアス」出力ポートを搭載
  • メモなどをトラック、レイヤー、アレンジャーのキューマーカー、ランチャーのシーンに多言語(日本語含む)で自由に「コメント」を記入可能
  • Linux環境におけるPipeWireオーディオドライバーのサポート

正式リリース前に、少しだけ新規追加のFXデバイスのポイントを紹介しましょう。

まずは、Convolution(コンボリューション)です。

図1:ConvolutionをFXトラックに追加した状態。GUI中央の波形が表示されている部分にオーディオファイルをドラッグ&ドロップすると、その波形をIRのデータとして使用可能。

これは、いわゆるIR(インパルス・レスポンス)系のリバーブエフェクトになります。270種類のプリセットには、古代の駅やフランスの大聖堂などの空間だけでなく、ビンテージ機器となったスプリングリバーブやデジタルFXユニットなどハードウェア機器のリバーブ感が再現されたものまで用意されています。

図2:赤枠の部分をクリックするとIRの選択が行なえる。

それだけでなく、オーディオファイルをドラッグ&ドロップするだけで、その波形をIR波形として使用できるなど、ユニークな機能も装備しています。

もう一つのDelay+は、

図3:Delay+の全体像。

ディレイエフェクトなのですが、オーソドックスな使い方によるエコー効果だけでなく、5種類の「Blur」オプションを使用することで、ディレイの域を超えたエフェクト表現が得られる他、Pitch ShifterやFlanger+、その他のVSTプラグインをDelay+内のフィードバック・ループに組み込んだ複合的なエフェクト表現を得ることも可能です。

図4:Delay+のGUI中の赤枠で囲んだ部分をクリックすると、フィードバック・ループで組み込んだFXデバイスが表示される。

既存ユーザー(有効なアップグレードプランをお持ちのユーザー)は、メーカーサイトのご自身のアカウント内でベータ版が公開されていますので、ぜひ試してみてください。

内藤朗

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多方面で活動中。S.E.N.Sのレコーディングサポート、安部OHJIの様々なプロジェクトでのレコーディング、ライブなどに参加の他、バンド「島へ行くボート」で活動中。黎明期からMIDIやDTMとの関わりは長く、音楽制作系のライターとしても広く知られており、近著に「音楽・動画・ゲームに活用! ソフトシンセ 音作り大全」(技術評論社刊)などがある。有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究会会員。