You are currently viewing Bitwig Studio 5.2を発表

Bitwig Studio 5.2を発表

ドイツに拠点を置くBitwig社が、Bitwig Studio バージョン5.2を発表しました。

Bitwig Studio 5.2

入手方法

現在、Bitwig Studio 5.2のベータを既存ユーザー向けに公開しています。アクティブなアップグレードプランをお持ちの方は、ご自身のアカウントページにログインして、インストーラーをダウンロードできます。バージョン5.2の正式公開は今夏を予定しており、2024年4月25日時点でアクティブなアップグレードプランをお持ちのすべてのお客様は無償でアップグレード可能です。

但し、バージョン5.2はシステム要件が更新されていることにご注意ください。このバージョンから、少なくともWindows 10とmacOS 10.15以降が必要になります。グラフィックスに関しては、WindowsではDirectX 11以上、LinuxではDX11レベルのVulkanが必要です。

Bitwig Studio 5.2では、新しいスタジオツールが搭載されます。プロフェッショナルなコンプレッサーと三つのハードウェアインスパイアされたイコライザーの登場です。

Compressor+はダイナミクスに対するユニークなアプローチを提供し、FocusSculptTiltはクラシックなサウンドを新しいコントロールレベルで結合します。更に、より正確な編集、どんなオーディオもプロジェクトにマッチするダイナミックなビート検出、そしてグラフィックインターフェースのためのハードウェアアクセラレーションなど、ワークフローも向上しています。新しいツールでお気に入りのサウンドを見つけてください。あなたの耳を信じて。

ひと味違うコンプレッサー

Compressor+は、あらゆる用途に対応するオールインワン・コンプレッサーです。慣れ親しんだコントロールと独自のコントロールを組み合わせ、オーディオを分析する優れたアプローチにより、トーンの調整からマスタリングまで、あらゆる場面に対応します。

キャラクターメニューは、一つのデバイスで多様な圧縮スタイルを提供します。全6オプションには、ソフトな「Smooth」、ミックスバスに優しい「Glue」、ハーモニックを生成する「Smash」が含まれます。また、「Auto Timing」パラメーターは選択したキャラクターを入力信号に最適化します。

Compressor+は、入力オーディオを4つの周波数帯で分析し、これらはデバイスのカラフルなディスプレイと拡張ビューに表示されます。展開すると、各帯のIntensity(強度)とTiming(タイミング)のオフセットにアクセスでき、どの部分の信号が圧縮を引き起こすかを微調整できます。例えば、ベースを少なくトリガーしたい場合は、その帯のIntensityを減らすだけです。または、ボーカルの設定が少し厳しい場合は、ハイミッドのTimingオフセットを増やしてみてください。

これらはすべて、コンプレッサーの動作を決定する3つの選択肢の一つである「Standard」コンプレッサーモードで機能します。「Beyond」モードでは、アンダーコンプレッションとオーバーコンプレッションの比率を見つけることができますし、特別な「Dual」モードでは、より静かな信号も持ち上げる上向きの圧縮を選択できます。出力セクションの「VCA Colors」モードでは、トランジスタースタイルの安定したアナログ感や、テープコンプレッションのような動的なアナログ感、デジタル感の強いクリーンなブレンドなど、さまざまな色付けが可能です。

Focus、Sculpt、Tilt

クラシックなハードウェアにインスパイアされた新しい3つのEQ「Focus」「Sculpt」「Tilt」は、サウンドの形成に自然な音楽性をもたらします。

Focusは、中音域に焦点を当てたMEQ-5の選択肢とコンポーネントを再現する同じアプローチを採用しました。クリック一つでサチュレーション選択が可能です。

Sculptは、低音の甘味が特徴のビンテージ・ブロードバンド・ハードウェアボックス、著名なPultec EQP-1のコントロールとコンポーネントを受け継いでいます。更に、サチュレーションは、暖かみのある「Tube」、奇数倍音と中音域のパンチを提供する「Transistor」、明瞭な「Clean」から選択可能です。

Tiltのシンプルなインターフェースは、任意のサウンドを明るくまたは暗くリバランスでき、中心周波数とスロープの傾きを調整可能です。

これら全てに、現代的な便利さも提供されています。Stereo-ize(ステレオ化)コントロールは、任意のデバイスを一対に変換し、Left / Right(またはMid / Side)を強調できます。そして、デバイスパネルとミキサー画面のどちらでも、これらのデバイスの設定状態を正確に表示します。

精密な編集操作

Bitwig Studio 5.2では、マウスを使わずにナビゲーションが楽に行えます。Bitwig Studioのデフォルトキーコマンドを使用することで、矢印キーだけでクリップ内やアレンジャータイムライン上の関連ポイント、またはプロジェクト内の異なるトラック間を移動できます。ビート分割、オートメーションポイント、クリップの開始と終了など、小さな単位でアレンジャータイムラインを巡回。クリップ内の音符の先頭から最後へ、またはオーディオクリップのトランジェントからトランジェントへジャンプ。クリップ内のノートの始まりから終わりまで、またはオーディオクリップ内の一時的な点から次の点へ移動、一つ以上のトラックに渡るノート、クリップ、イベントなどの選択。これらすべてがキーボードを離れることなく行えます。

また、マウスを使用時の操作感も向上。カーソルはフェードポイントやその他の便利な地点に自動的にスナップし、右クリックでクリップ開始を設定することもできます。

変化に対応する

機能の向上に関して言えば、バージョン5.0の優れたオンセット検出は、異なるテンポで作業を効率化する形で、今回のアップデートで実を結びました。Bitwig Studioは、長いオーディオファイルを正確にワープすることができ、テンポが変化するファイルであっても正確にトラックを維持します。

また、プロジェクトがクリップの時間に適応することで、DJミックスやポッドキャストの作成、長時間の録音にプロダクションを追加するプロセスに新たな利便性をもたらします。プロジェクトはオーディオクリップのテンポを「Set Current Tempo」で静的値として採用したり、「Apply Tempo Curve To Arranger」コマンドでグローバルテンポのオートメーションカーブとしてタイミング変更を適用したりできます。

最高のGUIがさらに向上

また、グラフィックエンジンをより応答性が高く効率的になるよう、プログラムを書き直しました。インターフェースをコンピューターのGPUで描画することでネイティブのハードウェアアクセラレーションを実現し、より多くのCPUリソースをオーディオ処理に利用できるようになりました。また、ノブやスコープも刷新しています。

一般的な描画も大幅に最適化され、実行されるコマンドの数が減り、より素早い結果が得られます。そのため、トラック数が多く何千ものイベントがある場合でも、素早いズームや編集操作を多用しても、すべてのプラットフォームで問題なく対応可能です

プラグインもアンドゥ可能

Bitwig Studio 5.2では、その他の操作と同様に、プラグインでもUndo(アンドゥ)操作に対応しています。ですので、何を変更したとしても、Bitwig Studioはいつでもその一歩を戻すことができます。

学びながら制作

すべてのコンプレッションを制作する途中で、いくつかの新しいアイデアが浮かび上がりました。例えば「Over」はマルチバンド、オーバーサンプリング、ウェット専用エフェクト用のスロットを活用するブティック・クリッパーです。どんなサウンドにもクリスピーなクラストを加えることができます。

クラシックな「Chain」デバイスも、独自の「Learn Wet Gain」オプションが追加され、プラグインを含むあらゆるオーディオエフェクトチェーンをブレンドするための「Mix」ノブを完璧に設定できるようになりました。また、マルチバンドを意識するなら、「The Grid」が「Mix」カテゴリーに「Crossover-2」と「Crossover-3」モジュールが追加されたことにも注目です。

さらに、「Multi-Note」にはすぐにプログラミングして再生可能な「Chord Learn」機能が追加されました。「FX Selector」デバイスにはクロスフェードのタイミング制御が追加され、トランジションを細かく調整できます。そして、シンセストラクチャーのプログラミングには、「Shift Register」モジュールやシンプルな「All-pass」が役立つかもしれません。