Spire Topics & Tips – vol.9

Spire Topics & Tips – vol.9

フレーズに合わせ込む音色エディット(その2)

前回に引き続きシンセリード音色の作成ポイントを解説したいと思います。今回はフィルター設定とEGの設定について紹介していきましょう。

フィルター設定のポイント

フィルター設定はフィルター1でオシレータ1と2の調整、フィルター2でオシレータ3の調整を行なっています。

この理由は、オシレータ1と2のアナログ系の波形にはローパスフィルター、オシレータ3のFM系の波形にはシェイパーを使用して調整することでよりイメージに合ったサウンドを得るためです。

図7

図8

図7、8:各オシレータのフィルターへの出力状態の設定。それぞれ図7:オシレータ1と2、図8:オシレータ3となっている。

補足ですが、フィルター1と2を個別に使用したい時にはパラレルモードをオンにするのを忘れないようにしましょう。

図9

図9:フィルターセクションの設定。黄色の枠線で囲んだ部分がフィルターのシリアル/パラレル切替のスイッチだ。

EG設定のポイント

EGはENV 1から3まで使用していますが、ポイントはENV 2です。

ENV 1はアンプEGの役割になっていますので、持続音型のエンベロープを設定し、ENV 3はフィルター1と2のカットオフの変化に使用していますが、音色的なアタック感を主に調整を行なっています。

図10

また、ENV 2は隠し味的な効果として、オシレータ3のピッチ変化に使用し、アタック時にしゃくり上げるような効果を付加しています。

図11

図10、11:各EGの設定。図10:ENV 1と3、図11:ENV 2の設定状態。

この変化はオシレータ3のみを聴いているとその効果がハッキリと聴こえますが、シーケンスフレーズで常時ピッチ変化が聴こえると耳障りになりがちです。調整のイメージとしては、3つのオシレータが混ざった時にうっすらと感じられる位が良いでしょう。

内藤朗

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多方面で活動中。S.E.N.Sのレコーディングサポート、安部OHJIの様々なプロジェクトでのレコーディング、ライブなどに参加の他、バンド「島へ行くボート」で活動中。黎明期からMIDIやDTMとの関わりは長く、音楽制作系のライターとしても広く知られており、近著に「音楽・動画・ゲームに活用! ソフトシンセ 音作り大全」(技術評論社刊)などがある。有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究会会員。