[Numa Compact 2 / 2x] MIDI入力を行うとノートが重複して入力されてしまう

Q:Numa Compact 2 / Numa Compact 2xをコンピューターに接続してMIDIキーボードとして使用する際に、入力されたMIDIノートが重複して記録されてしまいます。

A:MIDIモードのZONEがふたつともオンになっている可能性があります。

Numa Compact 2 / Numa Compact 2xのMIDIモードには、ZONE AとZONE Bのふたつのゾーンがあり、2系統のMIDI出力が行なえます。それぞれのゾーンの設定によって、特定の鍵盤を境に音色を分ける「スプリット」や複数の音色を同時に鳴らす「レイヤー」など多彩なMIDI演奏が可能になりますが、単にDAWなどのMIDIトラックに演奏を入力するだけの場合には、どちらかのゾーンをオフにしておく必要があります。

どちらかのゾーンをオフにするには:

  1. 本体で演奏を行うSOUNDモードから、[MIDI] ボタンを押してMIDIモードに入ります。

  2. MIDIモードに入ると[MIDI] ボタンが点灯します。恐らく、この写真の通り、[ZONE A] ボタンと[ZONE B] ボタンのどちらも点灯している状態と思われますので、どちらかの[ZONE] ボタンを押してオフにします。

  3. これでNuma Compact 2 / Numa Compact 2xから送信されるMIDI信号は1系統になりますので、MIDIノートが重複して記録されることはありません。

    尚、写真ではZONE Aがオンになっていますが、Numa Compact 2 / Numa Compact 2xの初期設定では、ZONE BのMIDIチャンネルが「1」、ZONE AのMIDIチャンネルが「2」に設定されていますので、ご使用環境に合わせてZONE AとBを選択してください。