Serato DJの機能を、MIDIコントローラに割り当てる方法

Q:

Serato DJ 対応コントローラに割り当てられていないSerato DJの機能を、自分のMIDIコントローラに割り当てたいです。どうすればいいですか?


A:

Serato DJの機能は、MIDIコントローラに自由に割り当てることが可能です。
以下、操作方法をご参照ください。

1.Serato DJ 対応コントローラとMIDIコントローラをコンピュータに接続します

2.Serato DJを起動し、MIDIアサインボタンをクリックし、MIDIアサインモードをオンにします

MIDI アサインモードをオン

3.MIDIコントローラに割り当てたい機能に、カーソルを合わせます

カーソルを合わせる

4.MIDIコントローラに割り当てたい機能を、クリックします

MIDIコントローラに割り当てたい機能をクリック

5.上画像の表示に変わったことを確認し、割り当てたいMIDIコントローラのボタンやノブ、スライダーなどを操作します

割り当て後の画面

6.MIDIコントロールに割り当てた機能を削除する場合、削除したい機能をクリック後、returnキーを押します

割り当てを削除

7.割り当てが完了したら、MIDIアサインボタンをクリックし、MIDIアサインモードを解除します

MIDIアサインモードをオフ

MIDIコントローラを操作し、割り当てが完了していることをご確認ください。