Bitwig Studio “Note FX Spotlight” – vol.6

Bitwig Studio “Note FX Spotlight” – vol.6

新しいノートFXデバイスを曲作りに活用する

第6回:バージョン4.2で追加されたFXデバイス

先ごろ、バージョン4.2リリースのアナウンスがあり、登録ユーザーはベータ版でその新機能を既に体験している方も多いかと思います。 今回は追加された機能の中から新規追加された3つのオーディオFXデバイスを紹介しましょう。

図1:メインスクリーン画面

バージョン4.2の新機能

まずは、バージョン4.2の概要を簡単に紹介しましょう。Bitwig Studio 4.2の大きな特徴は、前述の3つの新規オーディオFXデバイスと、新しいGrid環境となる「Note Grid」が追加されている点です。

新しいオーディオFXデバイスは、クラシックなオーディオエフェクターからインスピレーションを得て開発されたChorus+、Flanger+、Phaser+の3種類です。いずれも4タイプのキャラクターを持っており、それぞれがビンテージエフェクトの名機のサウンドを想起させるものになっています。 また、Poly Grid、FX Gridという独自のモジュラーサウンドデザイン環境に更に追加されたNote Gridは、ノート処理や生成を行なうためのGrid環境です。Note Gridは、大まかに言うとDAWなどに装備されているMIDIエフェクトと似通ったものですが、Note Gridの場合には、184のGridモジュールを自由に組み合わせて、MIDIエフェクト以上の複雑かつ高度なノート処理や生成が行なえる点が異なります。

この他の特徴としては以下のような追加点が挙げられます。

  • OscilloscopeとSpectrumの各デバイスにミニビュー
  • ほとんどのGrid Shaperモジュールへの「アンチ・エイリアシング」オプション
  • Hard Clipモジュール
  • Channel-16モジュレーター
  • GridモジュールのProbabilitiesなどでノート生成時の「Confidence出力」
  • 言語設定にフランス語を追加

バージョン4.2の詳細については、こちらのページも併せてチェックしてみてください。

新規追加されたオーディオFXデバイスについて

それでは新規に追加されたオーディオFXデバイスを使用したデモトラックを聴いてみてください。

このデモトラックにおいては、新規追加の3つをシンセのリフパートに対して使用しており、開始から15秒ぐらいまではエフェクトをバイパス状態で、15秒以降はエフェクトをオンにした状態となっています。

図2:下部のオートメーション編集パネルで、FX Layerのオンオフ状態を9小節目からエフェクトがオンになるように設定している。

シンセのリフパートは、Polysynthを使用しており、デバイス内のFXチェーンを使用して直接エフェクトをインサートしています。

図3:シンセリフのパートで使用しているPolysynthの状態。黄色飲枠線で囲んだ部分が、FXチェーン部分となる。

演奏途中でエフェクトのオンオフを容易に切替できるように、3つのエフェクトをコンテナデバイスのFX Layerを使用し、Flanger+、Phaser+、Chorus+の順で直列につないでいるのも今回のポイントです。

図4:FX Layerの設定状態。

ちなみにFlanger+、Phaser+、Chorus+の設定状態は下図を参照してください。

図5:Flanger+の設定状態。

図6:Phaser+の設定状態。

図7:Chorus+の設定状態。

コンテナデバイスはFX Layer以外にもいくつかありますが、緻密なサウンドメイクを行う上で重宝するものなので、ぜひ使用してみてください。

今回はまだリリース前ということですので、3つのFXデバイスをまとめて使用していますが、個々については正式リリース後に改めて細かく解説したいと思います。

内藤朗

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多方面で活動中。S.E.N.Sのレコーディングサポート、安部OHJIの様々なプロジェクトでのレコーディング、ライブなどに参加の他、バンド「島へ行くボート」で活動中。黎明期からMIDIやDTMとの関わりは長く、音楽制作系のライターとしても広く知られており、近著に「音楽・動画・ゲームに活用! ソフトシンセ 音作り大全」(技術評論社刊)などがある。有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究会会員。