Serato PITCH ‘N TIME DJ

Serato DJユーザーは必須の高性能ピッチ補正プラグイン

SeratoDJでのミックスプレイに新たな可能性。

ミックスやエディットに必須の高性能ピッチ補正プラグイン

Serato Pitch 'N Time DJ Demo

レコーディング業界ではスタンダードになっているプロ向けピッチ補正ソフト「PITCH 'N TIME」を元に、Serato DJ用に新たなに開発。BPMを最大/最小と上下しても、トラックのキーを完全に保つだけでなく、音質劣化もありません。

デモビデオとデモサウンドでその性能をご覧ください。

Serato DJ 1.8

Key shifting & Hardware remapping

製品詳細

  • done

デモサウンド

 

仕様

最低動作環境

本製品はSerato DJのプラグイン・ソフトウェアとなりますので、Serato DJが必須環境となります。

OS:

  • Windows 7 / 8.1 / 10
  • Mac OS X 10.9 / 10.11 / 10.12 (*1)

CPU:

【i3, i5 or i7】32 & 64 bit:1.07GHz+
【Core 2 Duo】32 bit:2.0 GHz+、64 bit:2.4 GHz+
注意:AMD製のCPUは対応しておりません
* Pitch ‘n Time DJを使用する場合は「i5 or i7」以上を推奨します

RAM:

32 bit:2 GB, 64 bit:4 GB
*ライブラリの容量によっては、より大きなRAM容量があると有利です
* Pitch ‘n Time DJを使用する場合は4GB以上を推奨します

画面解像度:1280 x 720

両プラットフォーム共通:USBポート, インターネット接続環境

※1:常にOSの最新アップデートをご利用ください。例)10.10の場合は10.10.5

※2:一部のハードウェアはMac OS X 10.11 El Capitan 及び maxOS Sierraで動作することができません。(2017.1月現在)

価格 3,400円
JANコード 4534217605155
内容物 ライセンスカード、インストールガイド
備考

※本製品はライセンス及びインストールガイドのみの提供となり、USBメモリ/DVDディスク等のメディアは提供されません

ダウンロード

製品動作アプリ

iOS

FREE

Android

チュートリアル

チュートリアル 2019年2月13日

【DJ連載-100-】Serato Remoteを使う準備!

Serato Remoteを使うと遠隔でSerato DJ Proが操作できる! 今回は使うための準備をしますよー! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年2月6日

【DJ連載-99-】Serato Remoteって!?

Serato Remote、tenorikamiさんはよく使って遊んでたそうです。理由は「ブースから降りて遊べるから」だ ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2019年1月30日

【DJ連載-98-】macOS MojaveでRec(録音)できない時はこの設定を見て!

macOS Mojaveで使用する際の注意点です!絶対に確認しましよう! ≫ 詳しくはこちら

テノリ連載大バナー
チュートリアル 2017年11月7日

【DJ連載もくじ】ディリゲントSHIMOMURAの5分で使えるDJテクニック

ディリゲントカスタマーサポートSHIMOMURAが5分で使えるDJテクニックを紹介します! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2014年10月16日

【スタッフコラム】Serato DJを現場でつかう vol.1

Serato DJを現場で使うときの、コンピュータの"最適化"について紹介! ≫ 詳しくはこちら