Obscurium

画期的な発想から新たなサウンドを作り出す!

Synthesis Organism

シンセサイザーとステップ・シーケンサーの革新的な融合。精巧で鮮やかなグラフィックでスケール、和音やシンセシスを表し球状のパッドでアルペジオコントロールできたりなど遊び心にあふれたユーザインタフェースは、自由にカスタマイズが可能。すべてのパラメータおよびモーションレーンでは、initプリセットから新しい音へ膨大につながるので、数回のクリックでユニークかつ意外なシーケンスを実現することができます。さらに”VSTホスティング機能”でObscuriumの中にVSTプラグイン音源を読み込め、未知のサウンドメイキングを可能にします。

デモ版ダウンロード

※デモ版はお客様の環境にて製品をお試しいただくもので、インストール及び操作方法などのご質問はお受けできません。お客様の自己責任のもとご利用いただく形となりますので、予めご了承ください。

Sugar Bytes OBSCURIUM Trailer

製品詳細

音が見えるシーケンサー

Obscuriumはハーモニーとサウンドを合成するための新しいツールを多く搭載しています。モジュラーシステムのように、複雑な回路に簡単にアクセスすることができ、視覚的にも遊び心をもってシンプルにサウンドデザインすることができます。

Draw Tools、Modifiers、Super Obscure モード

"Draw Tools"でエディットしたいパラメータの値をそれぞれ変化させ、 "Modifiers"はパラメータの種類や間隔をまとめて動かすことができ、"Super Obscure"はシーケンスをランダマイズに動かすなど、視覚的に全部で16ものパラメータを操れます。

モーフィングとシフトフェーダー

パラメータとモーションレーンを連動させ音の変化を視覚的に調節することができます。2つのシーケンサーの間でパラメータをモーフィングすることができ、複雑な音の変化をもたらします。

Obscure Clock

ステップシーケンサー内にクロックを調整できるパラメータを持ち、シーケンスのスピード、スイングを細かく設定する事が出来ます。さらにObscure Clockではメロディーやリズム、進行パターンなどをステップ毎に詳細に設定する事ができます。

VSTプラグインホスティング機能

Obscuriumuの中にVSTインストゥルメントを読み込むことが出来、トリガー、ピッチ、11のオートメーションレーンを書き込むことで、サウンドメイキングを新しいレベルに押し上げます。

  • done 搭載波形:8-voice Saw, Pulse, Super-Saw, FM Synthesis
  • done 400を超えるプリセット:pads, drums, atmosサウンド
  • done モーションシーケンサー
  • done プラグインオートメーション
  • done 簡単なMIDI入力で自由にハーモニー生成

仕様

PC:Windows 7以降(32bit / 64bit)、VST、RTAS、AAX(*)
Mac:Mac OS X 10.6.7以降(32bit / 64bit)、VST、AU、RTAS、AAX(*)
画面解像度:1024 x 768以上

価格 13,000円
備考

注意:本製品はインストールガイド及びライセンスカードのみの提供となります。

チュートリアル

SugarBytes連載大バナー
チュートリアル 2016年4月1日

【連載】Sugar Bytes幕の内連載その33

Obscuriumは独特な世界観を持つSugar Bytes製品の中でも特に異質と言わんばかりのソフトウェアなので、他の ≫ 詳しくはこちら

SugarBytes連載大バナー
チュートリアル 2016年3月25日

【連載】Sugar Bytes幕の内連載その32

Obscuriumはモーション・シーケンスで動きを与えるのが前提と言わんばかりなので、時間軸の扱いというか考え方が少し特 ≫ 詳しくはこちら

SugarBytes連載大バナー
チュートリアル 2016年3月18日

【連載】Sugar Bytes幕の内連載その31

Obscuriumのでフォルトシンセサイザーについての解説と、MIDIラーニング時の注意点についてお送りします。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2016年3月11日

【連載】Sugar Bytes幕の内連載その30

SUPEROBSCUREモードはひとことで言ってしまうとランダマイザーということになりますが、ただ各シーケンスのデータを ≫ 詳しくはこちら

Sugar Bytes連載大バナー
チュートリアル 2016年3月4日

【連載】Sugar Bytes幕の内連載その29

以前DRAW TOOLSを使用してモーションシーケンサーを描画する様々な方法を解説しましたが、今回はDRAW TOOLS ≫ 詳しくはこちら

SugarBytes連載大バナー
チュートリアル 2016年2月26日

【連載】Sugar Bytes幕の内連載その28

今回はObscriumのシフトフェーダーについて解説します。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2016年2月12日

【連載】Sugar Bytes幕の内連載その27

Obscrurium解説6回目。MORPHメニューでA/Bモーフィングの使用方法と、MORPHのオートメーションについて ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2016年1月29日

【連載】Sugar Bytes幕の内連載その26

Obscurium解説5回目。Pitchメニューと実際の使用法のヒントについて。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2016年1月15日

【連載】Sugar Bytes幕の内連載その25

Cyclop解説最終回。2つの独立したクロックと、マスターセクション。 ≫ 詳しくはこちら