BEATPAD2

iOS/Androidデバイス対応DJコントローラ BEATPAD2

タブレット端末との相性は抜群

Beatpad2は、エンコーダーを押すだけでエフェクト、フィルター、ループがかけられ、チャンネルごとに8つずつ配置されたドラムパッドがアプリの可能性を最大限に引き出し、よりライブパフォーマンスを重視したDJプレイを可能にします。

重要なおしらせ:

  • 一部のAndoroid端末に於いて、本製品をご利用できない場合があります。詳細はこちら
  • iOS 10 でご利用の場合はこちらの内容に従いファームウェアの更新を行ってください。
  • 2017年発表のiPad 10.5インチモデルのマウントはできません。

Beatpad 2: iOS + Android + Mac Controller for DJAY 2

BEATPAD2 デモビデオ

0:00 / 2:20 DJ SARA ★ Freestyle Scratch with djay Pro and Reloop Beatpad 2

DJ RENA ★ djay Pro ★ Reloop Beatpad 2

製品詳細

クロスプラットフォーム

Algoriddimが開発した人気DJアプリのdjay2のために設計され、Mac/PCだけでなく、iOS/Androidデバイス対応コントローラです。Reloopが提案する「スマートデバイスDJ」を可能にします。 ※Spotifyのサービスは2015年9月現在日本国内ではご利用いただけません。

タッチFX / ジョグFXモード

ジョグホイールはスクラッチ、ピッチベンド、クイックサーチの3モードだけでなく、エフェクターの処理も可能になりました。大型155mm/マルチカラーLEDジョグホイールはエフェクトやループに合わせてイルミネーションも変化します。

新しくなったパフォーマンスモードセクション

Beatpad2のパフォーマンスセクションは8パッドにパワーアップ。デッキごとに8つまでのホットキューポイントを設定することによりさらに創造的なミックスを実現します。またマルチカラーLEDでカラフルに光るドラムパッドは、ミックス用のシンプルなサンプルを搭載、ボタンを押すだけでサウンドに彩りを加えることができます。

AUTO-LOOP / BOUNCED LOOP モード

Auto-Loopは自動解析により異なる8つの拍ループを提案。パッドを叩くだけでトリッキーなループプレイができます。バウンスループモードではドラムパッドにロードされたトラックをカットし、ループインやカットインをすることができ、

SLICER / SLICE LOOP モード

djay2のトリッキーなプレイのひとつ"SLICER"モードにも完全対応。一定の長さを「8つ」に分割し、パッドを叩くだけで分割された任意の位置にジャンプします。

トラックナビゲーション

トラックのプレビューがブラウザの機能の中で行える様になりました。ノブを回してトラックを選択し、2つのロードボタンで左右のデッキに簡単に読み込むことができます。またジョグホイールでスクラッチだけでなく曲のサーチをおこなったり、ビートグリッドの編集が可能になりました。

HARMONIC MIXING機能

BPMを変更する際、キーロックツールを使えばトラックのピッチを維持しながらBPMの変更をすることができます。またキーマッチ機能を搭載し、自動的に現在のトラックのキーをミラーリングしながらミックスすることが可能になりました。

フレキシブルなオーディオセクション

オーディオセクションはDJブースシステムを組むために充分な2つのマスター出力(XLR、RCA)を搭載。ヘッドフォン端子は標準的な6.3mmとイヤフォンに利用されている3.5mmの2種類を装備。トーンコントロール付きのマイク入力はフレキシブルなルーティングが可能で、さらにCDプレーヤーやレコードプレーヤーなどを接続可能なAUX入力も用意されています。

  • done iPad / iPhoneやMacintoshに対応
  • done 4チャンネル・オーディオ・インターフェイス内蔵
  • done iOS6以降対応のLightningケーブル/アダプタ付属
  • done OTGケーブル付属
  • done タブレット用マウント
  • done MacやiOSと接続するだけで認識できるプラグ&プレイ
  • done Air Play対応
  • done Algoriddim社 DJAY2以降に完全対応
  • done パフォーマンス・セクション:Hotキュー、ループ、FX、サンプラー
  • done 4つのドラムパッド
  • done 視認性抜群のトランスポートセクション
  • done フェーダー・スタート機能
  • done 人間工学に基づいたデザイン
  • done 2chクラブDJミキサーと同様のノブ配置
  • done 100mmスケール/高解像度のピッチフェーダー
  • done 外部機器接続に対応するRCA入力
  • done クラブ現場に対応できる XLR出力搭載
  • done 2種類のヘッドフォン端子(6.3mmと3.5mm)
  • done シフトボタンによる機能拡張
  • done Reloop伝統の堅牢な作り
  • done 盗難防止スロット搭載
  • done Core Audio / ASIOドライバー対応

仕様

ミキサー部:

クロスフェーダー x 1
ボリュームフェーダー x 1
3バンドEQ x 2
ゲイン x 2
フィルター x 2

プレイヤー部:

155mm タッチセンス方式ジョグホイール x 2
100mm ピッチフェーダー x 2
プッシュ・エンコーダー x 2
ノブ x 2
ドラム・パッド x 4
FXコントロール・ボタン x 8
入力:

Line/Phone(アンバラス・RCAステレオ) x 1
Mic(6.3mm) x 1

マスター出力:

XLRステレオ x 1
RCAステレオ x 1
ヘッドフォン出力:

3.5mm x 1
6.3mm x 1
サイズ/重量:

サイズ:460 x 42 x 325mm(W x H x D)
重量:4.0kg

動作環境(djay2各バージョンの動作環境に準ずる)

【iOS】
iOSデバイス:iOS 7以降(iOS 10 でご利用の場合はこちらの内容に従いファームウェアの更新を行ってください)
Androidデバイス:Android OS 5.0以降

【Mac】
OS : Mac OS X 10.9以降
USB2.0ポート

【Win】
OS:Win7、Win8、Win10
CPU:マルチコアCPU
RAMメモリ:2GB以上
※ その他のDJソフトを使用する場合はソフトの動作環境に準じます

※1:常にOSの最新アップデートをご利用ください。

価格 OPEN:市場想定売価 73,500円
内容物 本体、Lightningアダプタ/ケーブル、OTGアダプタ/ケーブル、USBケーブル、電源アダプタ
備考

注意:2017年発表の9.7インチ版 iPadはマウントできません。コントロールは可能です。

チュートリアル

チュートリアル 2017年9月27日

【DJ連載-62-】djayとSpotifyを連動するときの注意!

Spotifyとdjayを連動。あれ!?今日のクラブ地下じゃね?「ここWifi飛んでるー!?」ってトラブルになる前に、、 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年9月7日

【DJ連載-60-】Spotifyのプレイリストを表示する方法!

Spotifyでらいくらいくらいくらいくふぁぼふぁぼふぁぼふぁぼ、っしゃ!これでDJ練習だ!あれ?プレイリストどこ!? ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年7月5日

【DJ連載-52-】Mac版djayユーザー増加してると思うので設定紹介します。

Mac、Windows、iOS、djayはOSによって設定がいろいろ違うみたいです! という事でMacから見ていきます ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年6月28日

【DJ連載-51-】難易度たかめ?半拍ずらし!!!

Shazam→Spotify→djay→Reloop つまり便利。いや、便利すぎる。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年6月21日

【DJ連載-50-】あの日掛かった曲の名前を君達はまだ知らない。(Shazamしよ。)

Shazam→Spotify→djay→Reloop つまり便利。いや、便利すぎる。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年6月14日

【DJ連載-番外編9-】Spotifyのプレイリストを毎週公開します!

ユーザーさん支援企画!! 当社スタッフがプレイリストをリコメンド!? ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年6月7日

【DJ連載-番外編8-】皆様のMIXを紹介させてください!

ユーザーさん応援企画です! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年6月1日

【DJ連載-49-】tenorikami式 SeratoでアニソンDJするときの設定

tenorikami、Serato DJでアニソンDJするときの設定教えるってよ。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年5月24日

【DJ連載-48-】あれ!?ピッチフェーダー逆じゃない!?

SYNCつかえばいいじゃない?いやいや、ピッチフェーダーで調節できるようにならないと!って思ったらピッチが逆に動いてるか ≫ 詳しくはこちら