Top > チュートリアル > Spireでゼロからのサウンドメイク vol.20

Spireでゼロからのサウンドメイク vol.20

前回に引き続き、アルペジエーター機能を使用した音色作成の解説を進めていきましょう。
今回はフィルターセクション周りの設定について解説したいと思います。

今回の作成音色を読み込んだメイン画面

<デモサウンド>

今回作成した音色のデモサウンドです。最初の4小節は単音、後半の4小節は
最初に押さえていたノートの上で和音を押さえた状態のフレーズとなっています。

フィルターセクションの設定

まず、オシレータからの出力は以下のようにアサインしています。


[01]


[01a]


[01b]


[01c]

フィルターセクションの設定状態。尚、01aはオシレータ1、01bはオシレータ2、01cはオシレータ3の設定状態で、黄色の枠線で囲んだ部分がフィルターインプット部分となる。

  • オシレータ1 → フィルターインプット:1
  • オシレータ2 → フィルターインプット:2
  • オシレータ3 → フィルターインプット:センター

これによって、オシレータ1はフィルター1の音色変化、オシレータ2はフィルター2の音色変化となり、疑似的に異なる音色のような聴こえ方になります。

オシレータ3についてはフィルター1の方に寄せても良いのですが、ここでは思いつきで両方のフィルターに信号を送っています。

設定のポイントは、フィルター2の設定です。フィルターモードをcomboモードにしていますが、サウンド的にフィルター効果というより、オシレータシンクのようなアクの強いサウンドが出せるのが特徴的で、改造TB-303モデルのようなサウンドを出すのに向いていることから、シンセベース音色作りに使用しました。ちなみにSpireのフィルターは、AcidoモードがTB-303のシミュレートに適したモードになっているので、それ風のシンセベース音色を作成する際には試してみると良いでしょう。

減衰音色のEG設定のコツ

今回のような音色の場合、EGの設定は非常にシンプルで、DecayとReleaseの設定を調整すれば良いのですが、曲のテンポや雰囲気に合った減衰加減を調整する時は実際にフレーズを鳴らした状態で調整するとイイ感じに仕上げやすくなります。

ENV 2と3の設定状態。フィルター1と2のカットオフをそれぞれで時間的に変化させているが、設定の際にはアルペジエーターなどを再生した状態で調整を行った。

方法としては、演奏させるフレーズをDAW上に打ち込んでループ再生させたり、シンセ本体のアルペジエーターなどを走らせたまま調整するだけです。非常にシンプルな工程ですが、実際の演奏でどのように聴こえるかが確認できるため、より実践的なサウンドに仕上がります。

次回はアルペジエーターの設定を中心に音色作りのポイントをまとめてみたいと思います。

<音色データ>

今回作成してるサウンドのプリセット・データ(音色データ)です。
以下のリンクをクリックしてダウンロードされる「Pluck_and_Bass.spf_.zip」ファイルを解凍後、現れた「Pluck and Bass.spf」ファイルを、SpireのLoad Presetから読み込みます。