Top > チュートリアル > Spireでゼロからのサウンドメイク vol.19

Spireでゼロからのサウンドメイク vol.19

今回はアルペジエーター機能を使用した音色をその活用方法と共に紹介しましょう。

今回の作成音色を読み込んだメイン画面

<デモサウンド>

今回作成した音色のデモサウンドです。最初の4小節は単音、後半の4小節は
最初に押さえていたノートの上で和音を押さえた状態のフレーズとなっています。

まずはオシレータの設定から解説したいと思います。

今回作成する音色について

アルペジエーターで演奏させる音色は、どちらかというとPluck系やパーカッシブ系のようなアタックが速い減衰音色が適しています。Spireはそういった傾向の音色に強みがありますので、今回のような音色を作成する上では最適なシンセと言えます。

また、最近のアルペジエーターはステップシーケンサー的なフレーズ演奏が設定できるものもあり、Spireのアルペジエーターも16ステップのステップシーケンサーのように使用できますので、これらの要素を活かした音色を作成してみましょう。

各オシレータで作成するサウンドとそれらの設定

今回の音色は3オシレータを使用し、それぞれ以下のようなサウンドメイクを行なっています。

  • オシレータ1:Hard FMモードを使用したパーカッシブ系音色
    パーカッシブな音色とFM変調は相性が良いので、音色の核となるオシレータ1のサウンドメイクはHard FMモードを使用して図のような設定を行っています。

    オシレータ1の設定。Ctrl AをLFO1で変調し、サウンドにうねりを加味している。

  • オシレータ2:ビンテージベースマシンTB-303風のシンセベース音色
    シンセベースと高域のシーケンスフレーズで同じフレーズを演奏させることがありますが、オシレータ2はそれを行なうために使用しています。音色的な違いは、フィルターへの信号の振り分けで設定しました。

    オシレータ2の設定。ベースらしさを出すため、2オクターブ低いレンジに設定している。

  • オシレータ3:オシレータ1の高域を補強するサブ音色的な設定
    オシレータ1で作成したサウンドの高域のキラキラ感を補強するために、オシレータ1より高い音域に設定してミックスしています。

    オシレータ3の設定。高域補強のため3オクターブ高いレンジに設定している。

今回の音色においては、フィルターの設定がポイントの一つとなっていますので、次回はその辺りを中心に解説したいと思います。

<音色データ>

今回作成してるサウンドのプリセット・データ(音色データ)です。
以下のリンクをクリックしてダウンロードされる「Pluck_and_Bass.spf_.zip」ファイルを解凍後、現れた「Pluck and Bass.spf」ファイルを、SpireのLoad Presetから読み込みます。