Top > チュートリアル > Vertigo マスターガイド 〜 アディティブシンセのアクティブ活用術 〜 vol.3

Vertigo マスターガイド 〜 アディティブシンセのアクティブ活用術 〜 vol.3

前回に引き続きVertigoのパラメータレイアウトをチェックしていきましょう。
今回はフィルターセクションです。

フレキシブルな設定が行なえるフィルターセクション

Vertigoのフィルターセクションは、前回チェックしたエフェクトセクションの左となりにレイアウトされており、2基のフィルターを装備しています。

Vertigoのフィルターセクション部分。尚、図中央下部の“ MORPHING ”セクションはフィルターセクションではないので、改めて解説の予定。

各フィルター共にLPF(4ポールのローパスフィルター)、HPF(4ポールのハイパスフィルター)、BP1(2ポールのバンドパスフィルター)、BP2(4ポールのバンドパスフィルター)、NTF(4ポールのノッチフィルター)、PKF(4ポールのピークフィルター)という6タイプのフィルターが用意されています。これらのフィルターは個々にフィルタータイプなどのパラメータ設定やオンオフが独立して行える他、2基のフィルターをシリアル接続あるいはパラレル接続して複雑なフィルター効果を得ることも可能です。

プリセット音色“ PAD:StringWow ”をチョイ足しエディット

ではファクトリープリセットの中からPADカテゴリーにある“ StringWow ”を例にエディットしてみましょう。

ファクトリープリセット“ PAD:StringWow ”エディット前の状態。

ファクトリープリセット“ PAD:StringWow ”エディット後の状態。

この音色は、少々エッジが強いサウンドなので、少し柔らかめのサウンドにして使用したい場合には高域を少しカットすると良いでしょう。

最初の設定ではフィルター1にバンドパスフィルターが設定してありますが、高域の調整にはローパスフィルターの方が適していますので、フィルタータイプをLPF(ローパスフィルター)に変更します。

黄色の枠線で囲んだ部分がフィルタータイプを設定するパラメータ。フィルタータイプ名の左にある▲▼をクリックすると変更できる。

あとは好みに応じてカットオフとその隣のQ(レゾナンス)を調整すればオーケーです。

また、更に細部を調整したい場合にはフィルター2をオンにして併用すると効果的です。

各フィルターのオンオフは図示した位置のボタンをクリックすることでオンオフ切替が行なえる。


Vertigo

画像ファイルまで読み込んで、リシンセシス可能な16ボイス・アディティブ・シンセサイザー

対象製品

Vertigo

画像ファイルまで読み込んで、リシンセシス可能な16ボイス・アディティブ・シンセサイザー