Top > チュートリアル > Bitwig でいこう! vol.10

Bitwig でいこう! vol.10

夏休みを挟んでの「Bitwigでいこう!」第10回です。今年の夏休みは暑すぎて何もやる気が起こらず、出来上がった曲はまだありません。。。あまりにも暑いと頭がぼ~っとしてきて制作活動どころではないですね。適切な気温と適度なプレッシャーの中での作業をお勧めします。

お知らせというかお願い

前号でも書いた通り、トラックベースで歌っている方のバックでトラックを流させてもらいたい(カッコよく言えばマニピュレーター?)というお話を書きましたが、現在募集中です。応募したい方や興味のある方はTwitterなどでリプライやDMでお問合せ頂けると幸いです。まだなんとなくのイメージしか湧いていないのですが、Bitwig Studio 2を使って楽しくバッキングを流せたら..と思っています。条件は、このコラムに登場してもOKということ。あとはボクが伺える範囲なので都内近郊になります。
細かいことはこれから詰めていきたいので、「面白そう!」って思った人はご連絡まってまーす。

快適な作業環境を得るために

最近気づいた困ったことなんですけど….Bitwig Studio 2には大きく分けて3種類のウィンドウがあります。シングルウィンドウで作業する内容によってどのウィンドウを手前にするかわかれると思うんですが、ボクが今まで使ってきたDAWでは使っていないウィンドウは閉じても問題なかったんですけど、Bitwig Studio 2は閉じるとアプリケーションごと終了しちゃいますね。パネルをうまいこと切り替えられないかなぁと思っていました。

根本的な部分は、セッティングページ(Ctrl+;)でディスプレイ構成を決められます。

この図を見てわかる通り、ボクはメインマシンではすべてのウィンドウを一気に見られるようトリプルディスプレイにしています。
しかし、使っている途中に画面に何かを映しながら…(っていうことあるのかわかりませんが)とが状況が変わってしまった場合、各ウィンドウの上のバーを右クリックするとウィンドウの処理をどうするか指定することができます。

“Increase, Decrease GUI scaling”は表示そのものを拡大縮小することができます(老眼には便利)。

“Move To Daisplay…”はそのウィンドウをセットアップで指定しているナンバーが付いているディスプレイに移動させます。

“DISPLAY PROFILE”は言うまでもなく表示するディスプレイの構成や組み合わせを変更することができます。

シングルディスプレイにして切り替えて使うには…ウィンドウ左下にある各パネルの名称をクリックすれば切り替えられます。

しかし、ショートカットで効率よくやりたいな-と考えていて、セットアップのショートカットタブを見ていて思いつきました。

検索欄に“Switch”と入れてみたら何か引っかからないかなと。。。。
そしたら4つ引っかかりました。“Switch to Mode1~4”このモードとは解明できていませんが、とりあえず割り振ってみました。

たぶん、Mode1~3で3つのメイン画面は行ったり来たり可能です。
これで作業効率を上げられるんじゃないかと…..。

みなさんも試してみてくださいね!