Top > チュートリアル > Spireのプリセットサウンドを更に良くするチョイ足しエディット術 vol.24

Spireのプリセットサウンドを更に良くするチョイ足しエディット術 vol.24

さて、前回に引き続きLFOの活用例を紹介しましょう。今回はLFOを使用したオートパン効果です。

LFOを使用してオートパン効果を得る

オートパンとは周期的に定位が変化する効果のことです。DAWには専用のプラグインエフェクトなどでも用意されている場合があり、ソフト音源でも内蔵エフェクトとして装備されている場合がありますが、Spireの内蔵エフェクトには残念ながらオートパンがありません。

しかしながら、MIXセクションのパンをLFOで変調することでオートパン効果を得ることができます。

今回もイニシャライズ状態から3オシレータを使用したシンセパッドを作成して、オートパン効果を付加しました。

今回作成したシンセパッド音色でイニシャライズ状態から変更したパラメータ部分は上図4枚の部分を変更した。

設定方法は、前回同様にLFOの変調先でオシレータのパンを選び、LFO1のamp(アンプ)とamt(アマウント)でオートパンのかかり具合を設定します。

LFO1セクションの設定でポイントとなるパラメータは黄色の枠線で囲んだ部分。オシレータ3にはオートパン効果を付加していないため、今回の場合は1基のLFOでオートパン効果を作成できた。

また、よりオートパン効果を高めるために使用しているMIXセクションのwideノブをオシレータごとに最大にしておくとより変化がわかりやすくなります。

今回の設定ではMIXセクションのwideの設定が重要。オートパン効果を付加したいオシレータごとに個別に調整しよう。

尚、複数のオシレータを使用して作成した音色の場合には、センター定位のままのオシレータがあると音色内でセンターに固定された音とパンで動く音のコントラストが出て、より立体感が出せる場合がありますので、お好みで調整すると良いでしょう。

<デモサウンド>
3オシレータを使用して作成したシンセパッドにオートパン効果を加えた音色のデモサウンドです。オシレータ1と2のパンをLFOで変調しています。