Top > チュートリアル > Spireのプリセットサウンドを更に良くするチョイ足しエディット術 vol.9

Spireのプリセットサウンドを更に良くするチョイ足しエディット術 vol.9

今回はパッド音色のチョイ足しエディット編です。
実際のアレンジ例と共に紹介したいと思います。

Factory 98番の「Unity」にチョイ足し

今回チョイスした「Unity」のように派手目なサウンドのパッド系音色は、音の立ち上がりがゆっくりで、余韻が長いものが多く、白玉コードなどで使用するには良いのですが、リズミックなコードリフは演奏し辛い傾向があります。


エディットを行う前のUnityの設定画面。

このような音色をアタックの速いシンセヒット系にエディットしたい場合には以下のような流れでエディットしていきます。

1:ENV1、ENV3のアタックタイムを最速に設定します

ENV1、ENV3のエディット。Attackの設定を基本的に両方最速に設定しているが、ENV3の調整次第でシンセブラス的なアタック感も表現できる。

2:REVのdry/wetバランスを調整して、リバーブのかかり具合を控えめにします

リバーブの設定例。パッド系音色の設定はリバーブタイムが長めのものが多く、コードリフには適さないため、ウェット成分を控えめにするのがポイントだ。

3:DELのwideとdry/wetを調整して、ディレイ効果を適宜加えます

ディレイの設定例。ディレイタイムは曲のテンポに合致したテンポディレイにするのがオススメ。wide設定を大きくして広がり感を出すと良い感じに仕上がる。

あくまでもチョイ足しエディットなので、曲調によっては細部の調整が必要になりますが、パッド系音色からアタックの速いヒット系にエディットする場合にはこのようなプロセスでエディットしてみると良いでしょう。

また、実際に曲中でアレンジしていて、白玉コードとコードリフを同じ音色で演奏させたいこともありますが、白玉コードのトラックとは別に上記の手順でエディットした音色を割り当てたコードリフ用のトラックを作成しておくとスムースにフレーズを作り分けることができます。

サンプル:Before(プリセットを未エディットの状態で演奏した白玉コードトラック)

サンプル:After(チョイ足しエディット後のコードリフトラック)

サンプル:Demo(2つのトラックを同時に演奏した状態)