Top > チュートリアル > 【基本用語】バランスとアンバランス:オーディオケーブル

【基本用語】バランスとアンバランス:オーディオケーブル

バランスとアンバランス

ReloopのDJミキサーやDJコントローラのマスター・アウトプットには、バランス(XLR)とアンバランス(RCA)という2種類のマスター・アウトプット、ブース・アウトプットにはバランス(TRS)が用意されています。

例)MIXON4のアウトプット

端子の形状で見ると、バランスはXLR端子(キャノン)、アンバランスはRCAピン端子になっていますが、
「なぜ2種類の端子が用意されているのか?」
といえば、お持ちのケーブルの端子に適しているということ以外に、ちゃんと理由があります。
「バランスとアンバランスとは何か?」
最初の理解としては、バランスの方が構造的にノイズに強いと考えておいてください。

RCA / TS / TRS

使用するケーブルはアンバランス端子には、皆さんがよく使うRCA端子が多いです。「あかしろ」で通じる方も多いと思います。DJプレイや音楽制作に興味がない方でも、一度は見たことがあると思います。

▲ RCA

このケーブルは先端のピンの部分と外周のリングの部分の2カ所で信号のやり取りをします(正確には2つの信号とはではありませんが、配線が2本という意味で信号と表記します)。これに対してバランスアウトは一般的にTRSかXLRの2種類のジャックが使用されますが、Reloop コントローラ製品ではTRSが採用されているデバイスもございます。

▲ TS

こちらも目にする機会の多いオーディオケーブルです。ギターやシンセサイザーなどを接続する際に使用する方にはおなじみですね。
ここでひとつ注意点なのですが、上下の2つのジャックはほぼ同一の形状の様に見えますが、一カ所だけ違いがあります。

▲ TRS

▲ チップ /リング/スリーブ
TSTRS2

フォーンジャックは先端のチップといわれる部分、胴体のスリーブといわれる部分の2カ所で信号をやりとりします。

  • TipとSleeveの頭文字を取ってTS
  • Tip、Ring、Sleeveの頭文字でTRS

TSのSleeve部分をさらに2つに分けて3つの信号をやりとりできるようにしたものがTRS。バランスアウトはホット、コールド、グラウンドの3種類の信号をやりとりするので、フォンタイプのバランスアウトにはTRSのジャックを使用する必要があります。

TSとTRSは形状はほぼ同じなので、TRSのポートにTSのケーブルを接続することも可能ですが、この場合TSのケーブルでは3つの信号を受け渡すことができないので、接続する機器同士がバランス接続に対応している場合は、バランス接続にしましょう。

冒頭にバランス接続とアンバランス接続ではバランス接続の方がノイズに強いと書きましたが、一般的にはコンサート会場などで10メートル〜数十メートルルというような長さのケーブルを使用する場合の話でして、自宅で使用する分にはバランス接続もアンバランス接続も、そこまで神経質になる必要はありませんが、より音質にこだわりたい方は接続方式よりもケーブルそのものの素材や材質による変化を追求された方がよいと思います。

もうひとつのバランス:XLR

XLRケーブルは、PAミキサーからモニタリング用スピーカーまで幅広く使われています。
wave5BP

▲ 3つの信号をやり取り
XLRジャックを見てみると3つの穴があり、3つの信号をやり取りしているのがわかります。構造的に壊れにくいという利点もあるので、マイクなどの頻繁に動き回る可能性がある場所にも採用されています。

TRSとXLRは形状の違いはあってもやりとりする信号は同じなので、たとえばDJミキサーからPAミキサーやパワード・スピーカーにバランス接続する場合は、TRSからXLR(オス)のケーブルを使用してください!