Top > チュートリアル > Spireのプリセットサウンドを更に良くするチョイ足しエディット術 vol.5

Spireのプリセットサウンドを更に良くするチョイ足しエディット術 vol.5

前回に続き、今回もPluck系のプリセットの中からチョイスして、チョイ足しエディットしてみたいと思います。

Factory 73番の「Chippy」にチョイ足し

73番のChippyは、音程感のあるワンショット系のプリセットで、このままでも十分効果音として使うこともできますが、ピッチの変化をチョイ足しして、より効果音的なサウンドにしてみましょう。


プリセット73番を選択した状態。

このプリセットではENV3が未使用状態なので、これを使います。
ENV3をピッチの時間的な変化を設定するパラメータとして設定するには図2のようにオシレータ1とオシレータ2のピッチを割り当てて、amt(アマウント)ノブを調整してその変調の深さを調整します。


オシレータ2をエディットした状態。枠線で囲んだ部分が設定のポイントとなる。

これはSpireでサウンドメイキングを行う際のポイントともいえることですが、Spireの4つのエンベロープは各々で2つのパラメータを割り当てることができるという仕様なので、同じ時間的な変化をさせたいパラメータが2個ある場合には変調するパラメータを設定するだけで、変調加減を調整できます。しかもamtノブのセンターを中心に右側に回すと正相変化の強さ、左側に回すと逆相変化の強さを調整できますから、図のようにオシレータ1は高い音程から低い音程にピッチが下がる変化をさせつつ、オシレータ2では低い音程から高い音程にピッチが上がっていく変化をENV3の設定だけで行えます。

チョイ足しの効果を実際にご確認ください。

サンプル:Before(プリセットを未エディットの状態で演奏した状態)

サンプル:After(エディットによって複雑なピッチ変化を加えた状態のフレーズデモ)

効果音制作の場合には、ピッチの激しい変化や複雑な変化を設定したいことは良くありますが、Spireではそれらの設定も容易に行うことができると言えるでしょう。


Mixcraft Pro Studio 7

シンプルかつパワフルなマルチトラック・レコーディング・ワークステーション

Mixcraft 7

シンプルかつパワフルなマルチトラック・レコーディング・ワークステーション