Top > チュートリアル > 【DJ連載-8-】 ほーん。サンプラーで遊ぼう!

【DJ連載-8-】 ほーん。サンプラーで遊ぼう!

わっさー。

なんと!僕宛にお便りが届いております!(届いてません)
メルキド町にお住まいのペンネーム「星のメタルスラ玉」さんからのお便りです!(茶番です)

「ほーん。てなんなんですか?」

はい。僕が日頃からよくつかう、

「ほーん。」って単語。
あれなんなの?って話ですね。

お答えしましょう!

決して、「角~。」「つの~。」「ツノ~。」「Horn~。」「ほーん。」
という進化の過程ではございません。
DJがよく鳴らす
「プオププププオーーーーーン!」という音をすごーくやる気の無い感じにしたら、
「ほーん。」になりました。
今回は「プオププププオーーーーーン!」のやり方をご紹介します。

【Vol.8 ほーん。サンプラーで遊ぼう!】

前回の動画でパッドには様々な機能があらかじめ割り当てられていると言いましたが、
今回はそのうちの一つ「サンプラーのトリガーボタン」として使う方法を解説します。

Serato DJ には SP-6 というサンプラーが内部に備わっています。
4つのバンクに6個サンプル(楽曲)をロードして再生する事が出来ます。
SeratoDJには三つのトリガー方式があるので、設定は忘れないようにしましょう!
サンプラーはAirhornやキックや声ネタ等、いわゆる「飛び道具」と呼ばれるものを再生するのに非常に便利です。

今回は以前解説したリワインドテクニックと一緒にサンプラー機能を付け足してみました。
ただプラッターをぐるぐると回すよりも派手になりますね!

リワインドについてはこちらで!
https://dirigent.jp/tutorial/64855/
このサンプラー機能、じつはスマホで遠隔操作出来たりするのですが、
お客様にスマホを渡して「Free Airhorn!!!」みたいな事をやっているパーティもよく見かけます。

遠隔についてはSerato Remoteのページも見てみてください!
https://dirigent.jp/release/60234/
ちなみに自分で作ったサンプルで盛り上がったときはテンションめちゃくちゃ上がります!
銃声やセリフなどなど、いろいろとお試しください!
それではまた次回!
ほーん。