Top > チュートリアル > 【DJ連載-番外編-】Dirigent Night Beyond vol.5 先生と生徒の後日談的なサムシング

【DJ連載-番外編-】Dirigent Night Beyond vol.5 先生と生徒の後日談的なサムシング

わっさ~。
2016年3月26日にDirigent Night Beyond vol.5が行われましたー!いえーい!!!

2016march_beyond-487x700

会社の人がたくさん見ている中、DJブースで夜叉の構えをしてから、もういろいろヤッチマッタ感がある下村です。

僕の分身、tenorikamiさんは本番の一週間前から「なにをしようかなー?」といろいろと考えておりました。
普段からDJとして気にしている自分ルールがいくつかあったりしますがそんな事はどうでも良いんです。
※気になる人は聞きにきてくださいまし~。

今回のディリゲナイではDirigentの製品レクチャーを受けにきていただいた「みおたん」さんが出演してくださりました。
教えた生徒さんと一緒にDJできるのはこの仕事の楽しみだったりします!
みおたんさんご出演のレクチャーの内容はこんな感じ↓です。

せっかくなので、みおたん と一緒に今回のディリゲナイを振り返ってみたいと思います。

~先生と生徒の後日談的なサムシング~

下村:
というわけで、突然の登場!みおたん です!

みおたん:
えっ!えっ!どうも!こんにちは!みおたんです!!よろしくお願いします!!?

20160326DNB_vol5-284

下村:
突然の無茶ぶりにあわせていただきありがとうございます!
先日は Dirigent Night Beyond vol.5 ご出演ありがとうございました!

みおたん:
こちらこそありがとうございました!いろんな発見があって楽しかったです!

下村:
発見!どんな事を見つけたのか気になりますね!
いろいろと後日談という事で、先生と生徒の二人で振り返っていきたいと思います。

•全体を通して

下村:

みおたん、先ほど発見があったとありましたが、一体なにを発見したのでしょうか?

みおたん:
自分と違うジャンルの方がどんなふうにフロアを盛り上げて行くのかとか、どんなプレイスタイルなのかっていうのは純粋に気になっていたんですが、今BPMいくつなんだ!?っていうようなプレイだったり、ここにそれぶち込むか!!みたいな選曲だったり、自分と違ったジャンルでも自分のDJに活かせるものをたくさん見つけられました!

下村:
なるほどなるほど。
確かに自分が普段プレイするジャンル以外の人ってとても刺激になりますよね!
今回出演されたみなさん面白かったなあ。
テクノポップで序盤からいい雰囲気を作りだしたフクイチさん。

20160326DNB_vol5-66

選曲のほとんどを変拍子のjazzで攻めてきて、突然、最近有名なあの六つ子のアニソン仕込んできた、
ミドリカワさんはフロアにいた人全員が鳩が豆鉄砲を食ったような顔してましたしね。

20160326DNB_vol5-120


みおたん:

そうですね。お洒落なDJさんがいきなりどアンセムなアニソンかけ始めてびっくりしました笑
こういうのもありなのか!と。


下村:

あれは次の僕はプレッシャー半端なかったなあ、、、でもあれだけ印象深いことされると「うわー!やられたー!凄いなー!」ってプレッシャーの反面、良いもの見れたー!って思っちゃいますよね!

で、僕の番がくるのですが、生徒のみおたんからみていかがでしたか?

20160326DNB_vol5-135


みおたん:

正直やっぱり凄いなあと思いました
音楽ジャンルに囚われないプレイスタイルもそうだし、どこで繋いでるの?ってぐらい違和感無いし。ミスも全然気付かなかったです。
プレイ中ずっと見させていただいたんですがしびれましたね…


下村:

恥ずかしいからいまのやり直してw


みおたん:

なんでwwwwwwwww

好きな曲たくさん使ってもらえたので個人的には圧倒的に優勝でした!
普段はアニソン原曲を中心にDJしてるんですが、リミックスもやってみたいなあと思いました。


下村:

あー、、えーと、この記事をご覧になっている方にお伝えしますが、ヤラセではないです。
いろいろとほめ過ぎていただき、なんだか恥ずかしくなってしまいましたが、ざっと今回のDJで僕は頭の中でなにを考えていたか参考にお話しましょう。

※当日のtenorikamiの脳内
まず僕の場合は自分の前後のDJさんがなにをしてくるかを予測しておきます。
手前のミドリカワさんがHiphopでDJをされると聞いていたので、その雰囲気を壊さないように意識。
そして後に控えているまくたんさんはアニソンDJ!

20160326DNB_vol5-221

後、ゲストDJとして一番盛り上げなきゃいけない使命感!!!
という事でBpmを110~140~190~130と変動しつつアニソンRemix縛りでプレイしてみました。
Hiphop派生系のBassmusicからどんどんうるさくなる感じですね。
ちなみに最初と最後の曲はBITWIGでEditしました。(間に合ってよかった、、、)


下村:

ではでは、ほめられすぎて戸惑ってるので今度はみおたんのDJについて聞いていきましょう!


•みおたんのDJについて

下村:
みおたんはどうでしたか?自分の出番は!

みおたん:
自分らしい選曲で、自分らしいDJで攻めていけたかなあと思います。
お酒にやられてミスが多かったのが悔しいですが、アゲアゲなアンセム多めに持っていったのでうまいこと締められたかな、と。
当日はどんなイベントになるか想像もつかなかったですし、先生が見ているということもあってかなり緊張していましたが、私らしさを思う存分出せて満足でした。
アニソン原曲を中心にBPM130前後からBPM180前後にアゲていく感じでした。
うまいこと教わったことを活かしていけたかな?と思います。


下村:

お酒はしょうがないですね~僕はよく「DJは自分のペースで良いからグラスを空にしないように!」と偉そうにいつも広めています。

20160326DNB_vol5-2

 

DJプレイについては、みおたんのキャラクターが良く出ていましたね!
ハイテンションでマイクパフォーマンスもあって、見ていて楽しくなるDJでした!
僕がレクチャーで教えた内容はEQとエフェクトの使い方がメインだったのですが、
カットインをする手前でビットクラッシュ系のエフェクトをさしてから、
1拍ミュートさせて次の曲のイントロに入ってるリバースシンバルが入ってきてドーン!とか!
「おー!!かっこいい!」と思いました!
教えた内容を自分のものにしていて、僕も凄く嬉しかったです。

20160326DNB_vol5-318

みおたん:
グラスを空にするなと言われつつも緊張で喉が渇いて空にしまくってた私…反省してます…
今回はエフェクトを使えなかったのとミスも多かったので、もう1度リベンジしたい!という気持ちが強いです。
EQは教えてもらう前まで本当に何をしたらいいの?状態だったんですが、どういう風に使うのか教わってから繋ぐ時の違和感が格段に減ったと思います!
EQだけでもエフェクトと同じように使えたり…勉強になりました!
20160326DNB_vol5-306-2

 

下村:
エフェクトは十分使えていたとおもいますよ!多用するとごまかしてばかりのDJに聞こえてしまうので、数回バチッと決めていけば僕は十分だと思います!

みおたん:
ありがとうございます……!
自分では「もっと出来たのに!」という気持ちがあったのですが、終わったあとたくさんの方々にお褒めの言葉をいただいて…本当に嬉しかったですし楽しかったです!


下村:

そういっていただけると主催側も嬉しいです!
そういえばみおたん、なにやら最近はDJオファーが増えてると噂に聞いたのですが!

みおたん:
そうなんです…ありがたいことに今月は週に2つくらいずつオファーを頂いていて、9個のイベント出演が既に決定してます。
今回のイベントで私のDJのここが良かったからぜひ出演して欲しいと言ってくださる方もいらっしゃって、本当にありがたい限りです(´;ω;`)

下村:
おー、大出世じゃないですか!
レクチャーを受けた後、たくさん練習したんですね!
見違えるようにスキルアップしてましたからね!

みおたん:
かなり練習しました!
ディリゲントさんのお陰でこういった機会をいただけたので、本当に感謝です!

下村:
もう初心者とは言えないですね!
これからもスキルアップしていってください!会社から応援しています!

みおたん:
教えていただいたことを忘れずにこれからも頑張ります!


•これからDJを始めたい人に向けて一言

 

下村:
さいごにみおたん、これからDJを始めたいみなさんに一言お願いします!

みおたん:
自分のプレイで皆が盛り上がってくれる、DJブースの中から見える景色は最高です!
是非皆さんもこの機会に勇気を出してDJを始めてみてください!

下村:
これはとてもよい一言をいただきました!
みおたんが言ってくれた通り、皆が盛り上がってくれる、DJブースの中から見える景色は最高です!

もう一人前のDJ みおたん でした!
ありがとうございました!

みおたん:
ありがとうございました!


めきめきとスキルアップしていく みおたん さん。
もちろん本人の努力が99%ですが、
製品レクチャーでは伸び悩んでいたり、使い方がわからない部分を僕にたくさんぶつけてくれました。
それ以降、練習方法変えて飛躍的にスキルがついたと言ってくれました。

製品レクチャーは予備知識0でももちろん大歓迎です!

僕も現役でDJをしていますので、
みなさんのお力添えができたらと思っております!

DJって友達たくさんできるし、楽しいですよ!
それではまた!
ほ〜ん。