Top > チュートリアル > 【新バージョン】Bitwig Studio 1.2【公開】

【新バージョン】Bitwig Studio 1.2【公開】

img_dnes84_top.png

(2015/09/30)

 

Bitwig Studioの新バージョン1.2 が公開。

ご利用の方はBitwig Studio起動時のダイアログより、ダウンロードください。


BITWIG STUDIO 1.2 主な新機能

img_dnews79_scrn_gt.jpg

Group Tracks

複数のトラックをひとつにまとめることで、作業の効率化が計れます。例えばドラム・パーカッション全てをGroup Trackにまとめることができます。

img_dnews79_scrn_pb.jpg

Pop-up Browser

タグ付け機能と連携し、サンプルやデバイスの検索をすばやくできるPop-up Brwoser。

img_dnews79_scrn_hist01.gif
img_dnews79_scrn_hist02.gif

HISTOGRAM DISPLAY FOR DYNAMIC DEVICES

Bitwig Studio1.2のダイナミクスデバイスはオシロスコープを搭載し、サウンドを視覚化することでサウンドの状態を明確にします。

img_dnews79_scrn_hist03.gif
img_dnews79_scrn_hist04.gif

img_dnews79_scrn_temp.png

Project Templates

プロジェクトのテンプレートを予め用意しておくことが可能。よく利用するデバイスやルーティングの状態を新たなプロジェクトを作成した際に再現できます。

img_dnews79_scrn_cstmshort.png

Customizable Shortcuts

Bitwig Studioに存在する操作のショートカットをカスタマイズできます。

img_dnews79_scrn_permap.png

Per Project Mapping

プロジェクト毎にMIDIコントローラのマッピングをすることができます。プロジェクト毎に独自のセッティング(マッピング)を行うことで、ライブパフォーマンス時の転換も容易になるでしょう。

Expressive MIDI Support

Multidimentional Polyphonic Expression(MPE)の様な最新のMIDIコントローラに最適化するべく、楽器メーカーとの情報共有を強化。最新のMIDIコントローラの特長を正確に捉えます。

その他の追加機能

  • オシロスコープ
  • デバイス・インスペクター
  • クリップの高さを変更可能
  • HDPI、Retinaディスプレイをサポート
  • ポリからモノへ、モジュレーションのマッピング
  • プレッシャー・ノート・エクスプレッション

スクリーンショット

img_dnews79_01.jpg

img_dnews79_02.jpgimg_dnews79_03.jpg

 

 

 

▼ 製品購入はこちら

BITWIG STUDIO