Top > チュートリアル > 【連載もくじ】即戦力ビートメーカーLiquid Rhythm!!

【連載もくじ】即戦力ビートメーカーLiquid Rhythm!!

【21】Liquid Rhythmの内部ミキサーのちょっとしたお話し

  • メトロノームのボリューム
  • トラックの入出力の管理

【20】複数リージョンの処理とBeatForm Shifterのオプションについて

  • BeatForm Shifterのオプション
  • 複数のリージョンと効率化について考える

【19】Instrument Editorでオリジナルインストゥルメントを作成する

  • BeatForm Shifterで意外なリズムを発掘しよう!

【18】Instrument Editorでオリジナルインストゥルメントを作成する

  • Instruments Editorでオリジナルサンプルを使う

【17】お気に入りのインストゥルメントを集めて自分のKitを作りましょう!

  • Kitを作ってしまえば良いのです!

【16】表示についてのあれこれ。パート2。下のバーでグリグリする

  • アレンジャー内の移動方法あれこれ
  • Overview Scroll and Zoom bar

【15】Automatically loop selectionで作業効率アップ!

  • ループポイントの設定などなど
  • Automatically loop selection

【14】MIDIファイルを書き出してお気に入りの音源で鳴らす。

  • ドラッグするのはリージョンじゃないのです
  • 0とか1とか…デジタルかっ!いや、デジタルですけども。

【13】表示方法についてのあれこれ。ちょっとした機能とショートカット。

  • トラック表示の大きさを変更する
  • 横方向の大きさ変更などなど

【12】MIDIコントローラで快適度アップ!

  • なくても良いけどあれば快適、MIDIコントローラ
  • MIDIコントローラの使用用途を明確にすると良いです

【11】DAW → Liquid RhythmでLiquid Rhythm音源化

  • 『ドレミ』ではなくて『60,62,64』
  • MIDIノートはDAWのトラックとLiquidRhythmのトラックに分散可能

【10】DAW + Liquid Rhythmで同期してどん!

  • MIDIファイルはどこにいるのか?

【9】ペンでポチポチ、ペイントでズルー。

  • インライン・エディット・モード
  • ビートフォーム・エディット

【8】更にこういうビートメイク方法もあるのです!

  • BeatForm Tumblerを使ってちょい直し
  • Accent Modsみたいな使い方

【7】ベロシティがリズムの表情を決めるのです。そしてLiquid Rhythmはそこが凄いのです。

  • そこ、勝手にやってくれると助かるんです
  • Accent Modifiersで自在に調整

【6】BeatWeaver Rhythm Synthesizerを使いこなすには拍の色分けを理解するのが近道!

  • もう一度拍の色分けの意味
  • BeatWeaver Rhythm Synthesizerを使う

【5】Mapを活かして更に直感的にフレーズを作成する!

  • 8分、16分、半白3連、32分以外のノート入力は??
  • 直感的に選ぶならMapが使いやすいです

【4】色の意味を理解すると更に楽しいLiquid Rhythm!

  • BarForm Listを使う
  • BeatForm Sequencerでもうひとひねり

【3】さっそく出しましょう!音を!!

  • BarForm Listを使う
  • BeatForm Sequencerでもうひとひねり

【2】まずはドラムサウンドをロードせねばなりますまい!

  • ドラムサウンドをロードする様々な方法
  • 試聴からロードがスピーディ!

【1】2014年10月7日より新たに取り扱いを開始したWaveDNA社のビートメイク・シーケンサー、Liquid Rhythmのご紹介です!

  • グルーブを思いのままに、今日からビートメーカー!
  • スタンドアロン/プラグインの他にMax for Liveにも対応

対象製品

Liquid Rhythm

ビートメイクに必須のドラムトラックを自動生成できる夢のツール。