Top > チュートリアル > 【連載】VideoMapperでもっと身近に!プロジェクションマッピング!!その22

【連載】VideoMapperでもっと身近に!プロジェクションマッピング!!その22

VideoMapperでもっと身近に!プロジェクションマッピング!!その22

(2014/03/05)

Dirigent Night Beyond Vol.2

2014年3月1日開催
Dirigent Night Beyond Vol.2

2014.3.1(土)ディリゲント取り扱い製品ユーザー応援パーリナイ正式第2弾、 Dirigent Night Beyond Vol.2を開催しました。

この企画は元々Reloop製品を購入してくれたユーザーさんに、お家や仲間内だけじゃなく、クラブでプレイする機会や切っ掛けを作ったり、ユーザー同士の交流の場ができたら良いな、というところから始まって、そうこうしているうちにSerato DJの取り扱いも開始したので、出演が可能なユーザーが増えたという経緯があります。

そして!

正式に2回(流れや問題の洗い出しのテストのために実施した0回目も合わせると3回)の出演者募集のうち、1人も応募のないVJ枠…。

なぜだ…。

最近はずっとVideoMapperでプロジェクションマッピングを行う連載を続けているので、もしかしたらVideoMapperの母体であるGrandVJがVJソフトだというのを忘れられているのかも知れない。

ソフトウェア名称にひっそりとVJって入っているのになぁ…。

半分ずつVJプレイ

さて、Dirigent Night Beyond Vol.3の開催時には今度こそGrandVJユーザーからの応募があると嬉しいな、と思いつつですね、今回もVJ枠の応募がなかったのでVJいはし行ってこいの巻だったのですが、今回は本連載の記念すべき20回目を乗っ取るという偉業を成し遂げた新人おのでら(恐ろしい子)が元々VJなので、半分ずつVJプレイをすることに。

今回はゲストにVDJ Funky Tarossaさんにお越しいただきまして、TarossaさんはSerato Videoもプレイしていただいたので、ディリゲントスタッフによるVJプレイは各DJ2名ずつ。

VJプレイを行うコンピュータはどうするかをおのでら(恐)と相談したところ、会場でのセットが大掛かりになってしまうのを避けるため、1台のコンピュータ内で起動したGrandVJで、今回のイベント用ファイルを作成し、Bank 1から5をいはしの陣地、6から10恐でらの陣地というように使用することにしました。

GrandVJはセル、キーボード共に32Bank使用できるので、もっと大量の映像ファイルを扱うことが可能ですが、今回は45分を2セットのため、少なめのBankで事足りました。

そして実際のセッティング。

実際のセッティング

この連載でも何度か書いていますが、本番は冷やす。とにかく冷やす。コンピュータを冷やす。冷やぴゅーた。余計なこと言った。

今回は1回目と同じく会場を快く提供していただいたEN-Sof Tokyoさんに灰皿をお借りしてMacBook Pro本体を浮かせ、持参した強力扇風機で風をこれでもかと送り込みました。

余談ですがこのEN-Sof Tokyoのオーナーさん、以前弊社で扱っていたメーカー製品のユーザーさんで、サポートとしてもお付き合いの古い方なのです。
今もRobPapen製品をご使用いただいていたりしますが、Dirigent Night Beyond Vol.2で初めてお会いしました。

どこでどう繋がるか判らない。人の縁って不思議ですね。

DJ一覧 BEYOND vol.2 VJいはし

VJいはし

VJおのでら

VJおのでら

en-sof

EN-Sof Tokyo

Reloop KEYPADを使用

それから今回はReloop KEYPAD用のマッピングを作成して持ち込んだのですが、GrandVJのセルをKEYPADに合わせて2×8に設定し、映像をパッドに、DJネームなどのテキストをキーボード(KEYPADの)に割り当てておいたら思いのほか使い勝手が良くて、DAW用途以外にGrandVJにも是非オススメしたいですよ、このコントローラ!

Reloop KEYPADとGrandVJでVJ

ミキサーセクションでGrandVJのミキサーも自由にコントロールできるし、ノブの数が多いのでRGBやローテーションのXYZ、エフェクトのパラメータなどを割り当ててもまだ余裕がある♪

ちなみにですね、今回のVJブース全景。

今回のVJブース全景

ユーザーさんにクラブデビューの機会を提供できたり、楽しんでもらえたならそれで大成功なんですよ。このイベントは。

でもですね。
次回からはVJももっとカッコ良さげに見えるように演出しようと、この写真を見ながらしみじみ思う次第なのです。

ArKaos社の考え方では「VJは裏方ではないっ!」のはずだ!

KEYPAD

Reloop「KEYPAD」
ベロシティ対応の16個のドラムパッドはドラム・シーケンスの制作やライブパフォーマンスに役立つだけでなく、エフェクターやプラグインのコントロールとしても役立ちます。