Top > チュートリアル > 【連載】Mixcraft 6で音と映像をミックス Vol.12!

【連載】Mixcraft 6で音と映像をミックス Vol.12!

Mixcraft Pro 6で音と映像をミックス ヘッダー

(2013/11/1)

楽曲制作を通して、Mixcraftの魅力をお伝えしている本連載。
第10回目からミックス編に突入し、前回は、ボリューム調整、パン調整についてご紹介しました。

今回からは、いよいよエフェクターの解説に入っていきます。今回ご紹介するエフェクターは、イコライザーです。

イコライザーとは?

イコライザーは、録音、ミックスだけに限らず、iTunesやミニコンポなど、楽曲を再生するソフト・機器にも使用される、まさに音作りの基本とも言えるエフェクターです。英語のスペルがEqualizerのため、略して EQ(イーキュー)と呼ばれたりもします。

その機能は、“ある周波数帯域の音量を上下する”という実にシンプルなもの。しかし、シンプルかつ効果が分かりやすいため、ついつい低域を上げすぎて音がこもってしまったり、高域を上げて耳に痛い音になってしまったりと、ミックスが失敗してしまう危険性を含んでいます。

そこで今回はいきなりイコライザーを使用するのではなく、

  • “なぜイコライザーをかけるのか”
  • “音と周波数の関係性”

などに焦点を当てて解説していきます。

Mixcraftユーザーの方はもちろんのこと、イコライザーの使用方法にお悩みの方なども、是非ご覧ください。

音と周波数

まずは、音と周波数の関係性から解説します。

音は、空気を振動させ、人間の鼓膜に振動が伝わることにより、人間は音として認識することができます。
この“空気の振動”がポイントで、1秒あたりの振動回数が多いと高い音になり、1秒あたりの振動回数が少ないと、音は低くなります。

周波数(単位はHz)は、1秒あたりのくり返し回数を示すため、1秒あたりの空気の振動回数=音の高さ=周波数と表すことができます。

楽器を演奏する方であれば、ギターのチューナーなどでA(ラの音)=440Hzという表示を見たことはありませんか?
これは、”1秒間に空気が440回振動した音がAの音”ということを表しています。チューナーをA=442Hzに設定し楽器をチューニングすると、A=440Hzでチューニングしたときと比べ、全ての音が若干高くなります。

ヘヴィロックの礎を築いたPANTERAも、あえてA=436Hzに設定し、独特のヘヴィ・サウンドを生み出していました。

それでは次に、楽器と周波数について考えてみましょう。
楽器によって、演奏可能な音域が異なります。ベースの音域がE1〜G3で、ピアノの音域がA0〜C8のようにです。
ただ、ピアノの音域が広いからと言って、1つの楽曲の中で全ての音が演奏されるわけではありません。楽曲によって、広い音域を演奏したり、一部の音域しか演奏されない場合もあります。

楽器によって、演奏される音域によって、音に含まれる周波数は異なります。

Mixcraftでは、Voxengo Spectrum Analyzerというプラグインを使えば、簡単にオーディオの周波数特性を表示することができます。

img_fun_mc6_vol12_01.jpg

X軸(横)は周波数を表しており、周波数ごとの強さをY軸(縦)で表しています。
周波数特性を視覚的に捉えることができ、ミックスを行う上で役立つプラグインです。

では次に、ギターとバス・ドラムで簡単なミックスを行ってみます。バス・ドラムとギターの音源、周波数特性は以下の通りです。

バス・ドラム

img_fun_mc6_vol12_02.jpg

ギター

周波数

それでは、このバス・ドラムとギターを同時に鳴らしてみます。周波数特性も、重ねてみました。

img_fun_mc6_vol12_04.jpg

音源を注意深く聴いていただくと、バス・ドラムの音が若干もやついていることが分かるかと思います。

周波数特性を見ると、ギターの低域がバス・ドラムの低域とかぶっていることが一目瞭然ですね。
このような場合、イコライザーの出番です。イコライザーは、“ある周波数帯域の音量を上下する”というシンプルな機能を持っているため、対策方法は様々考えられますが、今回はギターの低域の音量を下げて、対処したいと思います。

何故、バス・ドラムの低域の音量を上げずに、ギターの低域の音量を下げるかというと、音のこもりを解消するには、不要な帯域を削る方が上手くいく場合が多いと言われています。

元々含まれていない周波数帯域をイコライザーで持ち上げると、耳障りな音やノイズなどが増えてしまうためです。また、周波数帯域をどんどん足していくと、結果的に音が割れてしまう危険性も含んでいます。

無いものを増やすより、あるものを削ってみましょう。

今回使用したイコライザーは、Parametric Equalizerです。
直感的に操作可能で、非常に使いやすいイコライザーです。

img_fun_mc6_vol12_05.jpg

このParametric Equalizerを使って、ギターの周波数100Hz以下をばっさりとカットしました。さらに、ギターの音が若干こもっているため、高域を持ち上げています。
ギターにかけたParametric Equalizerの設定は、以下の通りです。

img_fun_mc6_vol12_06.jpg

すると、音源はこのように変化しました。

img_fun_mc6_vol12_07.jpg

ギターの低域がカットされ、イコライザーをかける前と比べると、バス・ドラムがさらにクリアに聴こえるようになりました。

上の図は、ギターにイコライザーをかけた後の周波数帯域とバス・ドラムの周波数帯域を比較しています。バス・ドラムの低域部分が、ギターとかぶっておらず、ギターの高域が持ち上げられていることが分かります。

このように、イコライザーで各楽器の周波数帯域を住み分けることが、音の濁りやこもりの解消の第一歩に繋がります。みなさんも実践してみてください。

今回は、 “イコライザーを使用する理由”に焦点を当てて、理論的な解説がメインでしたが、次回は様々なシチュエーションを想定し、実際にイコライザーを使用していきます。

それでは、次回もお楽しみに!

投稿者:うえだ

うえだ

カスタマーサポート担当。
丁寧かつ迅速なサポートを心がけています。
弊社取り扱い製品についてお困りの際はお気軽にご連絡ください。

関連する記事をもっと読む

関連製品情報ページ