Top > チュートリアル > Virtual DJ LE ソングファイルのロード方法

Virtual DJ LE ソングファイルのロード方法

Virtual DJ LEソングファイルのロード方法

DJソフトウェアでソングファイル(楽曲)を管理されている方も多いかとも思います。いざDJソフトウェアを起動し、Deckにソングファイルをロードする操作を行っても、ソングファイルがロードできないといったトラブルを経験されたことはありませんか? 

Virtual DJ LE ソフトウェアを例にソングファイルがロードできない場合の対処方法について解説します。

まずは確認から

はじめに以下のVirtual DJ LE ソフトウェアの画像をご確認ください。

※ BEATMIXに同梱するVirtual DJ LEを例に解説していますが、TERMINAL MIX 4に同梱するVirtual DJ LEでも同様の内容です

Virtual DJ LE Error 画像

▶ Virtual DJ LE Error 画像

上記画像赤枠部分のようにDeck内ソング名下部に「Error」と表示されている場合、Virtual DJ LE ソフトウェアがソングファイルのFile Path(保存先)を見失っている状態となり、Deckにソングファイルをロードすることができません。
この場合、ソングファイルのFile Path(保存先)を確認する必要があります。

Virtual DJ LE ソフトウェアが表示するFile Pathでソングファイルを見つけることができない場合、ソングファイルを別の場所に移動、ファイル名を変更された、または削除されている可能性が考えられます。ソングファイルのFile Path 確認方法については以下の手順をご参照ください。

※ iTunesライブラリの場合は、iTunesソフトウェアが参照しているフォルダに元となるソングファイルが含まれているかをご確認ください

ソングファイル(楽曲)のFile Pathを確認

Virtual DJ LE info 画像

▶ Virtual DJ LE Info 画像

File Infosの表示方法

Virtual Folderに含まれるソングファイルを選択し、右クリック(Macintoshの場合、Control + クリック)します。右画像のようにメニューが表示されますので、画像赤枠部分の「File Infos」をクリックします。

Virtual DJ LE Path 画像

▶ Virtual DJ LE File Path 画像

「File Info」ウインドウが表示されますので、右画像赤枠部分のFile Pathを確認します。

File Pathにソングファイルを戻す

上記で確認したFile Pathとは違う場所にソングファイルがある場合、File Pathにソングファイルを戻してください。

例:Virtual DJ LE ソフトウェアのソングファイルのFile PathがHDD AのAフォルダ内を示している

  • HDD AのAフォルダ内を確認するとソングファイルが含まれていない
  • HDD BのAフォルダ内を確認すると、Virtual DJ LE ソフトウェアで使用しているソングファイルが含まれている

この場合、Virtual DJ LE ソフトウェアはソングファイルのパスを見失っている状態ですので、HDD BのAフォルダに含まれるソングファイルをHDD AのAフォルダへ戻すといった具合です。ソングファイルを元の場所に移動したあと、Virtual DJ LE ソフトウェアでソングファイルのロード、再生を行ってください。

Virtual DJ LE ソングファイルのロード

なお、ファイルそのものをコンピュータのHDDや外付けHDDなどからすでに削除している場合は、Virtual DJ LE ソフトウェアのBROWSERのVirtual Folderに表示されているソングファイルもRemove(削除)してください。

Virtual Folder内のソングファイルのRemoveについては、「File infoの表示方法」の手順と同様にソングファイルを選択し、右クリック(Macintoshの場合、Control + クリック)します。右画像のようにメニューが表示されますので、赤枠部分の「Remove」をクリックするとVirtual Folderに含まれるソングファイルが削除されます。

iTunesライブラリを使用している場合

Virtual DJ LE ソフトウェアのiTunesライブラリのソングファイルについては、iTunesソフトウェア側で管理されていますので、iTunesソフトウェア内で削除を行ってください。

外付けHDD&USBなどを使用している場合

別の保存先(外付けHDDなど)でソングファイルを管理される場合、Virtual DJ LE ソフトウェアでFile Pathの再設定が行えないため、上記内容と同様にVirtual DJ LE ソフトウェアのVirtual FolderよりソングファイルをRemoveし、別の保存先よりVirtual DJ LE ソフトウェアへ新たにソングファイルをインポートしてください。

Virtual DJ LEに関するFAQ

最後に今回解説した内容とは別に弊社ウェブサイトではVirtual DJ LE ソフトウェアのFAQも公開しています。

また、TERMINAL MIX 2 / TERMINAL MIX 4に同梱するSerato DJ Intro ソフトウェアについてもFAQが公開されていますので、併せてご活用ください。

投稿者:Support T

関連する記事をもっと読む

関連製品情報ページ