Top > チュートリアル > iPadでBEATMIX!

iPadでBEATMIX!

最近、iOSデバイスで使えるDJアプリがにぎわっているので少しご紹介します。
注意:下記の内容は正式なサポート対象外となるので、お試しになる場合は自己責任の元お試しください。

fun_ipad_djay-thumb-250x187-16624

▶ djay

有料のアプリだとdjayが有名ですね。画面は右のような感じです。EQやLoop、エフェクトなど、ちょっとDJするには十分な機能が備わっています。ちなみにお値段はiPad版だと¥1,700-です。

DJ Player

無料でも高機能なアプリがDJ Playerです。2デッキの表示がないのは残念ですが、安定性、高機能で定評があります。iPadの傾きでエフェクトのパラメータが操作できたりするところも、iOSデバイスならではだと思います。

fun_ipad_DJ-Player

▶ DJ Player

実はこのDJ Player、デジタルDJコントローラでコントロールすることができるんです!

djayは専用のコントローラ(spin2、iDJ Liveなど)以外ではコントローラからは操作できません。

fun_ipad_mapping

DJ PlayerをBEATMIXでコントロール!

beatmix

用意するもの

  • iPad
  • iPad Camera Connection Kit
  • セルフパワー(ACアダプター付き)のUSBハブ

使い方

    1. iPadをPCに接続し、iTunesを立ち上げる
    2. デバイスでiPadを選択
    3. appのタブ内のファイルを追加する項目でDJ Playerを選択
    4. ファイル追加からセッティングファイルを選択し追加する

fun_ipad_bm_iTune

    1. iPadにBEATMIXを接続する。

※BEATMIXに電源コネクタがないため、セルフパワーのUSBハブを使用します

fun_ipad_bm_connect

    1. iPadでDJ Playerを起動し、ソングリスト画面の上右端にある「More」をタップします。

fun_ipad_bm_songlist

    1. セッティングの画面が表示されたら画面下部の「Devices.MIDI」をタップします。

fun_ipad_bm_setting

  1. Directly Connected MIDIに表示されているReloop BeatMixをタップし、デバイス一覧から「BEATMIX MIDI Mapping」を選択して、左上のCloseをタップします。

これで準備完了です。

操作感としては、やはり付属のVirtual DJ LEの方が上ですが、PCを持って歩かなくてもiPadで使えてしまう気軽さはいいかなと思います。

BEATMIXユーザーの皆様はぜひお試しください。