Top > チュートリアル > Timecode信号確認画面

Timecode信号確認画面

Scope画面

4月の発売以来、大変ご好評をいただいているTRAKTOR SCRATCH PRO 2 / DUO 2。一旦、接続や設定が適切に完了してしまえば、快適にTimecode VinylやTimecode CDからコントロールできるのですが、時折、「Timecodeを正常に認識していないみたい」という質問をサポートにお寄せいただくことがあります。では、実際にTimecodeはどのような状況でどう表示されるのでしょうか。

■ Scope画面で確認

Timecode信号はDeck画面右部のScope画面で確認をすることができます。

Scope画面

Scope画面が表示されない場合は、以下の操作で表示をすることができます。

TRAKTOR SCRATCH PRO 2の場合:
Preferences内Decks項目Platter/Scope にてScopeを選択します。

Scope画面表示設定

TRAKTOR SCRATCH DUO 2の場合:
画面右上部のレイアウトセレクターより、EssentialかExtendedを選択後、Deck画面右部に表示されるPlatter画面をクリックしてください。

レイアウトセレクター

Platter画面

■ Scope画面の表示

では、Scope画面の表示方法がわかったところで、実際の表示を見てみましょう。

下の画像は、Timecode VinylからのTimecode信号を正常に認識している表示です。

Vinyl正常

同じくTimecode CDからのTimecode信号を正常に認識しています。

Timecode VinylからのTimecode信号を受信していますが、入力レベルの設定がLineになってしまっている場合の表示です。

Vinyl入力レベルLine

Timecode CDからのTimecode信号を受信していますが、入力レベルの設定がPhonoになってしまっている場合の表示です。

CD入力Phonoレベル

L側のみのTimecode信号を受信しています。

L側のみのTimecode信号を受信

R側のみのTimecode信号を受信しています。

R側のみのTimecode信号を受信

ターンテーブルの針にほこりが付着している、CDプレイヤーのレンズにくもりがあるなど、何かしらの原因で正常にTimecode信号を受信できていない場合の表示です(これらは表示の一例で、違う表示になる場合があります)。

ホコリなどが付着した場合

もし、Scopeの画面が上記のような表示になってしまっている場合、接続やTimecodeの入力設定、ターンテーブルの針、CDプレイヤーのレンズなどを確認後、Scope画面上部のCALIBRATEボタンをクリックし、再CALIBRATEを行ってみてください。

※上記画像は、TRAKTOR SCRATCH PRO 2を使用していますが、TRAKTOR SCRATCH DUO 2では同様、TRAKTOR SCRATCH PRO / DUOでもほぼ同様の表示となります。