Top > トピック > 【現地レポート】NAMM2019 2日目

【現地レポート】NAMM2019 2日目

米国時間の2019年1月24日〜1月27日にカリフォルニア州のアナハイムで開催される、世界最大の楽器見本市「NAMM2019」を現地からディリゲントスタッフがお届け!


2日目:

この日はまず最初に、Bitwigのブースを訪問。Q2(4月-6月)に発売予定のBitwig Studio3を触ってみました。

Ver.3から搭載される「THE GRID」をさわってみましたが、モジュールケーブルをパチパチ繋いで新たなサウンド(デバイス)を構成できます。

ちなみにモジュラーシンセとの相性が抜群のBitwig Studio ですが、今年もモジュラーシンセのコーナーは大盛り上がりです。 

  モジュラーと言えば、昨年から発売されて、日本国内でも好評を得ているJouéがUVIやBitwigのブースで使用されていました。

「MPE(Multidimensional Polyphonic Expression)に対応したアプリケーションやソフトシンセには、最高のコントロール・デバイスだよ」と、UVIのスタッフにも言っていただけました。ありがたいですね。

また、MOD DUO Xというスタンドアロン・オーディオプロセッサの展示でもJouéが使われていましたが、MOD DUO X自体にも興味津々。

制御アプリが、これまたモジュラー、,何度でも言います。モジュラー
今年もモジュラー関連は熱くなりそうですね!

最後に、2年連続で当社のベストセラーに輝いた Numa Compact2を有するStudiologicから、初の「鍵盤ナシ」コントロール・デバイス”SL MIXFACE」。

発売前ですが、すでに主要なDAWへの対応は完了しておりまして、今回はDigital Performerで動作していました。4レイヤーMIDIコントロールに対応しており、USB接続だけでなく、Bluetooth接続もOKなので、多くの音楽制作現場で活躍が期待されます。

ボックスもシンプルでカッコいいですね。

筐体は鏡面仕上げになっていて、艶がすごい!素手で触るのがもったいないくらいです。

日本国内でも早く発売したいですね。


さて、二日目はこんな感じでおしまい。明日はReloop新製品のデモプレイ動画をお届けします!

関連記事

トピック 2018年1月24日

【現地レポート】NAMM2018

今年もやってくる NAMMショウ!現地からスタッフが速報レポートします。 ≫ 詳しくはこちら