Top > トピック > 【現地レポート】ドイツ道中記 <2日目>

【現地レポート】ドイツ道中記 <2日目>

中央ヨーロッパ時間 2017年4月19日から、Reloop本社の訪問。そして4月20日からSuperbooth’17の模様をお届けします!

1日目はこちら


Day.2

凸凹特派員のドイツ業務、本日はReloop社のあるミュンスターからベルリンまで4時間弱の列車旅♪

ヨーロッパらしい田園風景が続きます。

夕方ごろにベルリン到着。
写真の奥にある塔は東ドイツ時代に建てられたテレビ塔で、ベルリン中心部からであればどこでも見えるのでよい目印になります。

今回の旅の目的「第2弾」はSUPER BOOTHの視察なのですが、本日は遅いので会場の下見のみ行ってきました。(写真は明るいですが、実は夜の7時過ぎです。)

SUPER BOOTHの看板が街のあちこちにございます。案内通りに進むと、運河から会場までのボートが出ているので、そちらに乗船。

運河を下っていくと、グラフィティや近代的(?)なビルを多く見ることができます。

クレーン作業中の建設現場も多くあり、街がまだまだ建設中であることがわかります。

そして、運河を1時間ほど下ると、FEZ-Berlinという施設のある森に到着。

会場近くの歩道には、行き先がアイコンで示されていました。

会場までは森の中を抜けていきます。

気になる会場内の様子は、、、ムフフ。
明日書きます!