Top > トピック > ディリゲントと愉快な仲間たち Vol.5 〜ユーザーに愛されし物〜

ディリゲントと愉快な仲間たち Vol.5 〜ユーザーに愛されし物〜

超コンパクトなシンセサイザー、「πλ²(ピーエルスクエアド)」の発売元であるPloytec社のインタビューがドイツの楽器専門誌KEYS誌に掲載されました。ヨーロッパの楽器業界において影響力をもつKEYS誌のインタビューを和訳でお楽しみください!

◆ユーザーたちに愛されし物

Ploytec(プロイテック)は、おそらく世界で最も小さいであろうシンセサイザー、8bitシンセサイザーπλ2(ピーエルスクエアード)を発売している。私たちは8Bitサウンドの魅力について、またバーデン·ヴュルテンベルク州にあるPloytec社の成り立ちについて、マーカス・メダウに話を聞いた。(アレクサンダー・チェボラーニ / KEYS 2014年7月)

【KEYS誌】 Ploytec社は、いつ頃、どのように設立されたのですか?

Markus氏

マーカス・メダウ:

Ploytec GmbHは、ちょうど設立10周年になります。
会社として法人を作ったのは、USBオーディオドライバー(*注1)の開発を始めて5年ほど過ぎた頃でした。
現在でも、多くのメーカーの製品に私たちのUSBオーディオドライバーが使われていて、これがPloytec社の主なビジネスになっています。

※注1
この”USB Audio”は、標準のUSBオーディオデバイスをASIO対応にしてしまう画期的なソフトで、2000年代のDTMユーザーはかなりお世話になったはず。その品質と安定性には定評があり、単品販売だけでなく全世界の有名機材ブランドの製品にもOEM供給されていました。

【KEYS誌】最初に開発した製品はなんでしたか?

マーカス・メダウ:

初めて開発したのは、πλ2のようなハードウェアではなく、USB2.0での高速オーディオ転送を実装した製品を設計する為の、メーカー設計者に向けた2種類のリファレンスデザインでした。
“USB2 Audio Junction”と”USB2 Launchpad”は、どちらもUSBクロックから独立した純粋なオーディオクリスタルで動作するという、当時としては先進的な仕様です。その後”USB2 Launchpad”は、2005年に192KHz、32in/16outまで対応しました。

【KEYS誌】
Ploytecの製品一覧をみると、8bitシンセπλ2をはじめとして、レイテンシー測定メーター、MIDIクロック設定用タップペダル、マスタリング用プラグインソフトなどがあります。
これだけのバラエティーに富んだ製品開発をする原動力はなんでしょう?

マーカス・メダウ:

MIDIクロック・タップテンポペダル“34oneII”は、GEN:IXというベルリンのバンドでキーボードを弾いていた時に、個人的に欲しいと思った製品を、πλ2と同じように楽しみながら作った製品です。
オーディオの遅延時間を簡単に計測できるレイテンシー測定機“Latec-o-meter”も、サウンドカードやオーディオドライバーの開発者としてとても必要だったのですが、それが出来る製品がどこにも無かったので、自分たちで作るしかありませんでした。

マスタリング用プラグイン“700W”は、波形のゼロ交差とゼロ交差の間で特にオーディオレベルの高い部分を検出し、レベルを適正値まで下げるという作業を自動化してくれます。これは通常のコンプレッサー/リミッターのように、アタックタイムとリリースタイムを操作して元のオーディオ波形を変形させるやり方とは根本的に異なる方法で、まるで波形にアイロン掛けをしたような、すばらしい結果が得られます。今のところ、これと同じ事ができるプラグインソフトはありません。
このプラグインは、ケルンにあるIntelligent Sounds & Music社との技術協力のもと開発されたました。

◆πλ2開発のスタート

【KEYS誌】πλ2は、8ビットサウンドを作り出す世界最小のシンセとして、世界中で大きな話題となっています。
どのようにして製品のアイデアを思いついたのですか?

マーカス・メダウ:

私たちがスクエア・ウェーブ・シンセシス方式と呼んでいる、アナログのパルス波を組み合わせてサウンドを作り出すやり方は、何年も前から頭の中にありました。2012年の秋頃、8bitシンセに使えるチップが大量に安く手に入ったことで、πλ2の開発がスタートできたのです。
MIDIケーブル経由の限られた電流で、安定して動作するオーディオ回路を設計するのは大変でしたが、エンジニアのフェリックス・フォーシュナーは、素晴らしい仕事をしました。

【KEYS誌】πλ2は8bitのサウンドチップを使っています。8bitのサウンドチップと言えば、80年代のクラシックなコンピューターに搭載されていたSIDチップ、その中でも特にC64が有名ですが、πλ2の開発に当たっては、何かお手本となるモデルはありましたか?

マーカス・メダウ:

正直なところ、πλ2の開発している時には、古いコンピューターやMOD製品などのことは全く頭にありませんでした。2013年のMusikMesseで初めてプロトタイプを展示した時、多くの人がSIDチップとの関連性を感じたようですが、音色が似ているというのは、πλ2の波形や機能によるものではありません。

ソフトウェア・エミュレーションをしているわけではなく、SIDのアナログ可変フィルターと同等の物を、意図せずにデジタルで作ってしまったのです。全体的なサウンドについても、画期的なフィルターリミッティングやアナログ許容レベルの設計によって、結果的に同じ方向性になったようです。
ただ、πλ2はアナログシンセサイザーであって、ビンテージゲーム風の8bitサウンド音源ではありません。

【KEYS誌】SIDの音が、人々を魅了するのはなぜでしょうか?

マーカス・メダウ:

コモドール64のSIDサウンドは、いわゆるゲームボーイやアタリのサウンドとは違った、魂に響くようなフィルターサウンドが特徴的でした。後年もさまざまなメーカーがSIDサウンドを持つ数多くの製品をリリースしています。
現代の電子音楽は、これらのサウンドの影響無しには語れないでしょう。

【KEYS誌】πλ2に対するユーザーからの反応はどうですか?

マーカス・メダウ:

ユーザーたちは本当にπλ2を愛してくれています。
多くのアーティストがデモソングを提供してくれたことは、本当に嬉しい限りです。Kelvin Sholar、Kyle Geiger、Joey Davis、最近ではRobbie BronnimannとAndy Hunterもそうです。
KMFDMのSascha Konietzkoは開発の初期段階からπλ2のファンで、初回ロットの到着を心待ちにしてくれていました。
その他にも、日本にはこの小さな箱を愛してくれる友人たちがたくさんいて、昨年のクリスマスには一旦品切れになるほど、びっくりするような台数が売れています。

◆今後の展開

【KEYS誌】このモデルから派生した、ソフトシンセなどの開発プランはありますか?

マーカス・メダウ:

今のところは、ちょっと違う方向で考えています。
πλ2内部のアナログ回路の許容誤差や傾斜特性、125kHzフィルターのサンプルレートなどは、ある程度の労力でシミュレーションが可能です。しかし肝心の8bitチップについては、実際の挙動を電子的な短い時間で計測すると、かなり気まぐれな動きをしていることが分かります。これをシミュレートするには、チップそのものをゼロから完全に解析する必要があるのです。

pl2white

その代わりとは言ってはなんですが、USB接続で使用できるπλ2の新モデル “πλ2 Leukos”を秋頃に発売する予定です。
すでにFacebookに写真を載せているので、チェックしてみて下さい。

πλ2 LeukosはUSB接続での単体使用のほか、MIDIアウトに現行のπλ2を接続して、同時発音数の追加、レイヤー、デュアルチャンネルを可能にします。

他にも、現行のπλ2のアップデートを予定していて、ひとつは、本物のSIDと同じ波形と機能(リングモジュレーターなど)をπλ2に追加するという、個人的にもすごく魅力的なプランです。
またそれより早い時期、おそらく近いうちに、80年代の偉大なサウンドチップを“トリビュート”するアップデートを発表できるでしょう。

<終わり>

▼製品詳細はコチラ▼

πλ²(ピーエルスクエアド)

4.5cm四方の筐体にオシレーターやフィルターを搭載した、 スーパーコンパクトなシンセサイザー