Top > トピック > 【スタッフコラム】レコードプール使ってる?

【スタッフコラム】レコードプール使ってる?

 

こんにちわ、久しぶりの登場です。
DJをするときの音ネタ、、つまりレコード盤や音源データはどこで手に入れてますか?

レコード盤はもちろんレコード店。
音源データはアナログ盤やCDから取り込んだり、ダウンロード購入かと思います。
音ネタの仕入れは楽しいですが、どこで探したらよいか、経済的に仕入れ回数は少なめ、、。なんて方もいるかと思います。
そこで登場するのが「レコードプール」を使ってみてはいかがでしょうか?
レコードプールというのは、レコードレーベルがDJの為に発行しているプロモーション用のレコードを配布する仕組み/組織のことを言います。多くの場合は入会金や月額料金を支払って、「楽曲ダウンロード自由」というスタイルが多いです。
このレコードプールがあることで、DJさんは特定のレーベルだけに偏らずに最新の音ネタを仕入れることができます。そのスタイルは様々で、

  • 専用のレコード倉庫にDJ自身が赴くスタイル
  • 雑誌の定期購読の感覚で、レコード盤が登録されたDJさんに送付されるスタイル

等など。

上に挙げたのはあくまでも「盤が存在する場合」に限られるのですが、昨今のDJスタイルでは音源データ(Wav、MP3など)でDJをされる方も多いですよね。

もちろんレコードレーベルが提供している音源データなので、「違法」ではないので安心して使えます。

前置きが長くなってしまいましたが、今回はそういった方々に向けた”デジタル レコードプール」の一部を紹介しようと思います。

<DJ City>

djcity

元々はアメリカ発祥のサイトですが、なんと日本語対応。
最新のクラブヒットからリミックス、ブレイクス、DJツールをmp3形式で提供。プロのDJに向けた本格的なレコードプール。検索が非常にわかりやすく便利です。

<Digtracks>

Digtracks

こちらも日本語に対応しています。旧譜も取扱っている様で、アナログ盤でしか手に入らなかった音源も手に入ると評判。

<Reherb Record Pool>

d-fun69_3.jpg

日本のHipHop界のレジェンド、DJ Yutakaさんが提唱する”Save the HipHop”イベントReherbが立ち上げたレコードプール。音楽専用のMP3データはもちろんのこと、Serato Videoにも対応できるMP4データも提供しています。

<Whitelabel.net>

whitelabel

http://whitelabel.net/

Serato DJやSerato Videoの開発元であるSerato社運営のサイト。
こちらは「Serato DJを持っていれば、無料で使い放題」なんです。世界中でSeratoDJ/Videoを使っているDJは多くいますが、そのリレーションを活かした楽曲が世界中から集まっています。
Serato DJのアカウントをまだ作っていない人は、是非アカウント開設して使ってみてください。

今日のところは以上!
筆者の個人的な好みも反映されてしまっているかもしれませんが、あくまでもご参考に。

上記に挙げた以外にも海外サイトなど数多くあるので、是非探してみてくださいね!

おわり