Top > トピック > 【スタッフコラム】Xkeyに光るUSBケーブルを使ってみた

【スタッフコラム】Xkeyに光るUSBケーブルを使ってみた

光るバナー

持ち運びもできて高機能な「Xkey」に光るUSBケーブルを使ってみた

USBマウス

私、付録に弱いのです。

缶コーヒーのおまけにプルバックゴーゴーミニカーの類いがついていると必ず買ってしまうし、今職場で使っているマウスも缶コーヒー2個セットについてたヤツだったりします。

付録といえば最近は雑誌にもいろいろなおまけがついてきますが、少し前に週刊アスキーの付録で光るマイクロUSBケーブルというのがついていたんですよね。

考える前に即買いしてしまったのですが、今のところ個人的にマイクロUSBケーブルを使用する機器を使用していないので、iPhoneの充電用にそのうち変換アダプターを買おうと思っていたのです。

ところが、社内を見回してみるとマイクロUSBケーブルを使用する機器と言えば、Xkeyとπλ2がありました!

オーディオインターフェイスなどに使用するとなると、『音質やノイズなどの問題が出るかも知れない…』などと腰が引けてしまいそうですが、何しろXkeyとπλ2は両方ともデータの転送と電源供給のためにしかUSBケーブルを使用しないので、これは仕事してる場合じゃねぇ!!と、サボって接続してみました。

接続

何がどうっていうわけでもないのですが…テンションが上がります。
しかもこれ、8色ランダムで色が変わるのが、Xkeyからデータが吸い出されて行くように見えてカッコよろし!!

元がスマホの充電/データ転送用ということで、そういう意味では激しくちょうど良い長さなのですが、キーボードを接続するのに使うには短いのでUSBハブをかませています。

使用してる音源はRobPapenのPREDATORRP-Dockで起動していますが、特に問題なく認識していました。

音質に関わらない部分ではこういうケーブルの遊びも楽しいですね!