Top > トピック > 【UPDATE】Serato DJ 1.5 更新情報:DVS対応

【UPDATE】Serato DJ 1.5 更新情報:DVS対応

(2013/10/8)

2013年10月1日にSerato DJのVer1.5が公開されまして、遂にDVS機能に対応しました。

今回のアップデートにより、コントロールVinylやコントロールCDを使っての操作が可能になります。
ただし、全てのオーディオインターフェイスやDJコントローラで対応するというわけではないので、下図を参照ください。

Serato DJのハードウェア対応予定スケジュール

↑によると、今月(10月)の段階ではPioneer社やRane社のミキサーでの対応。年が明けて2014年2月に所謂Scratch Liveボックス(Rane社SL2, SL3, SL4)が対応になります。
現在Scratch Liveをお使いの方はもうしばらくお待ちくださいね。

さて、今回のアップデートではDVS対応だけじゃなく、既存のDJコントローラでも追加機能がございました。当社が販売しているReloopのTERMINAL MIX2TERMINAL MIX4で「SLICER(スライサー)」が使えるようになりました。

「SLICERってなに?」

SLICER
(スライサー)とは –

予めBeatGridによって曲のビートが区切られている場合に、SLICERモードにすることで区切られた拍を瞬時に再生する機能

下図をご覧ください。SLICERモードを有効にすると、曲の波形が薄い赤色でビートが8つに区切られます。濃い赤色が現在再生されている拍になります。

SLICERモード

TERMINAL MIX 2/4の“HOT CUE”“SAMPLER”部分がSLICERモードの各拍に対応するので、それぞれのボタンを押すと瞬時にその拍が再生されます。

TERMINAL MIX 2/4

実際にプレイした動画がこちら。

TERMINAL MIX 2/4でSLICERモードを有効にするには、「CUTボタン(ハサミ)」を押すだけで有効になります。

注意:SLICERモード有効時はHOT CUEやSAMPLERボタンが無効になります。

SLICERモードで単調なビートをトリッキーにできますね♪

(本日のおまけ)
Serato DJ 1.5のインストーラには“LOOPMASTERS”のサンプルを無料でダウンロードする権利がついているので、サンプラーSP-6用に是非ご利用くださいませ。

※ インターネット接続環境をご用意ください

ダウンロード方法

  1. Serato DJのインストーラをダウンロードすると、下記のように“Loopmasters Samplese Installer”というプログラムがあるので、ダブルクリックし、画面の指示に従ってインストールしてください。
  2. Loopmasters Samplese Installer

  3. インストールが完了すると、デスクトップ画面に“DOWNLOAD MORE FREE Loopmasters CONTENT”というPDFファイルが表示されるので、そちらを開きます。
  4. PDFファイル

  5. PDFファイルを開き、下記画面まで移動して「Simply click here to download your additional content」をクリックします。
  6. Simply click here to download your additional content

  7. Webブラウザが開き、下記画面にアクセスするので必要な情報を入力して「Submit to Register」をクリックします。
  8. Serato ウェブページ 記入例

  9. 登録したEメールアドレス宛に下記内容でメールが受信されますので、文中のリンクをクリックします。
  10. メール内容

  11. 下記画面が開くので、ダウンロードリンクをクリックしてサンプルをダウンロードください
  12. ダウンロードリンク

以上がLoopmastersのサンプルのダウンロード方法となり、下記のようにサンプルがたくさん入っているので、サンプルを活用して、DJプレイにより磨きをかけてください!

サンプル

投稿者:たらま(記事一覧をみる

たらま

マーケティング担当。
音楽の”タノシイ”と”オモシロイ”ものを求めて、日々奮闘中。
仕事とプライベートの境が家族でもわからないと言われて、早10数年。

関連する記事をもっと読む

関連製品情報ページ