Top > トピック > Rob Papenと世界で活躍するアーティスト

Rob Papenと世界で活躍するアーティスト

ついにRob Papen「BLUE」のベーシック版「BLUE LE」が発売となりました!
もう皆様チェックいただけましたか?

先日他の「知る・楽しむ」記事でも紹介しましたが、ロブパペン氏はかつてアーティストとしても活躍し、伝説的シンセの音色制作にも携わった経験を持つ、サウンド・デザイン業界の第一人者です。

猛烈なシンセ愛を持ち、自分の名前のブランドまで作ったパペン氏が生み出すこだわりの「音」は、現在世界中のアーティストに唯一無二として愛用されています。

最近プチリニューアルを果たしたディリゲントの製品ページにもそんなアーティストからのコメントを掲載していますが、いったいどのようなアーティストが使用しているのか、今回はアーティストの一部をご紹介したいと思います。

DANNY BYRD

ドラムンベースのトップレーベル「Hospital Records」に初期より所属する実力派アーティスト

DANNY BYRD

「Hospital Records」ロゴ画像

ドラムンベースやダブが好きな方なら、いや、そうでなくても耳にしたことがあるであろうイギリスの名門レーベル「Hospital Records」。アーティストとしても有名なLondon Elektricityが96年より主宰する老舗レーベルです。

DANNY BYRDはこのレーベルに初期から参加し、数々の作品をリリースしてきました。つい先月にも新しい作品をリリースしたばかり! 右記のPVの1曲(登場するセサミストリートのキャラクターがかわい過ぎて気になってたまらない!)は、キレのあるビートと疾走感で聞いていてとても楽しくなる1曲ですね。

DANNY BYRDが絶賛するRob Papenのソフト「RP-DISTORT」は日本ではバンドル版「eXplorer Ⅱ」に搭載されています。こちらで詳しく特徴なども掲載していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

Junkie XL

ダンスミュージック・シーンを牽引するトッププロデューサー/アーティスト

Junkie XL

Rob Papenと同じオランダ出身のJunkie XLは、コールドプレイやブロック・パーティーといったロックバンドから、ブリトニー・スピアーズにアヴリル・ラヴィーンといった歌手まで幅広いアーティストのリミックスを数多く手掛ける世界的人気リミキサーでもあります。アーティストとして世界中をツアーでまわったり、近年は『マトリックス』などの映画音楽の制作も手がけ、まさにマルチな活躍を続けています。

日本にもFuji Rock Festivalや大型イベントなどで来日したことがありますが、2009年には「SOIL&”PIMP”SESSIONS、サカナクション、MEG、The band apart、80kidz」など日本の若者に絶大な人気を誇るアーティストと共演も果たしています。

右記の動画にはジャンルを超えたJunkie XLの魅力が満載ですのでぜひご覧いただきたいです。

Junkie XLも使用している「SubBoomBass」は、ダブステップ系のサウンド制作でも注目されていて、最近下記の記事も人気があります!

Armin van Buuren

誰もが認める世界 No.1 DJ の称号を持つプロデューサー、トラックメイカー

Armin van Buuren

世界で最も影響力があると言われるイギリスのダンスミュージック専門誌「DJ MAG」のTOP 100 DJsランキングにおいて2007年・2008年・2009年・2010年・2012年と1位を獲得しているアーティストArmin van Buuren。日本でも人気のある「DEADMAU5」や「Skrillex」もランクインしている中で堂々の1位です。

▶ CYBERJAPAN
「DJ MAG DJ 世界ランキング 2012」

彼は、壮大でメロディアスなシンセサイザーの音色が特徴的な「ダッチ(オランダ)・トランス」といわれるジャンルの代表的なアーティストとされ世界でかなり注目されている存在なのです。

まだまだいる!Rob Papenを愛用するアーティスト

テクノ四天王の一角「Orbital」

上記のようにそうそうたるアーティストがRob Papen製品を使用していますが、実はWeb U、他にも世界的テクノアーティストがRob Papen製品を愛用しているというインタビュー記事を発見しました!

2012年5月号の雑誌「Sound&Recordings」にそのインタビューは掲載されていますが、世界的アーティストというのはテクノ四天王の一角を担うハートノル兄弟によるテクノユニット「Orbital」。インタビューの中でかれらはソフトシンセにRob Papenの「Albino」という製品を使用していると発言しています。「Albino」は日本では発売していない製品ですが、本人達も「Albino」にしか出せない音があるとコメントしていて、「音」にこだわるRob Papenブランドの魅力がさらに伝わります。

今回はRob Papen製品を使用しているアーティストの一部をご紹介しましたが、記事を読んでRob Papen製品が気になった方! 全ての製品にデモ版もありますのでぜひ試してみてください。