Top > Serato Studio 1.4.1アップデート情報

Serato Studio 1.4.1アップデート情報

Serato Studio バージョン1.4.1が公開されました。

ダウンロードリンク


主な新機能

  • すべてのLibraryタブでSmart Createsを作成する機能を追加

  • Audio Clipを分割する右クリックオプションを追加

  • Scene Playerに新しい選択モードを追加

  • FXドロップダウンの中に親カテゴリを追加

  • 起動画面を更新し、ジャンルと編集のテンプレート作成を追加

  • [ファイル]タブでファイルを表示およびインポートする機能を追加

  • Bluetoothおよびワイヤレス出力デバイスのサポートを追加

その他の変更点

  • 初めて使用する際に、Library Previewがデフォルトで表示されるように変更

  • 再生に関する仕様の改善(Scene Player、またはSong Viewをクリックすると、スペースバーの再生が切り替わります)

  • ステップシーケンサーの次のステップのクリックすると、再生を順が変更されるように変更

  • チュートリアルツアーを「Help」メニューから、再起動できるように変更

  • キーのタグは、ファイルのロード/分析のメタデータに書き込まれるように変更

  • キーボードショートカット、またはコントローラーを介して、オーディオをデッキにロードする機能を追加

  • Song Viewで複数のクリップを選択する、2つの新しい方法を追加

  • SceneとSceneの間でメモをコピーして貼り付ける際のワークフローを改善

  • リバースを設定したキューを再生するときに、Tempo markerが正確に適用されない問題を修正

  • リバースを設定したキューの短縮されたクリップに、間違った波形が表示される問題を修正

  • デッキを、サンプルデッキのプリセットに置き換えると、BPMの乗数が破棄される問題を修正

  • デッキを、プラグインデッキのプリセットに置き換えると、プラグインの状態が正しく読み込まれない問題を修正

  • Serato Studioの新規インストールにより、タスクバーの固定アプリのリンクが破損する問題を修正

  • マウスドラッグでリリースのパラメータを「オフ」にリセットしても、ドラムデッキ上で反映されない問題を修正

  • サンプルデッキに、最初のキューポイントがトラックの開始位置にない、保存済みのプロジェクトをロードすると、デッキがそのキューの位置に誤ったオーディオをロードしてしまう問題を修正

  • ロードされたサンプルデッキのプリセットが、シンクしていない場合にBPMが0と表示される問題を修正

  • MIDIデバイスを再アクティブ化しても、ホットプラグの自動有効化が、再度有効にならない問題を修正

  • デッキを切り替えた後、最初の使用でAltキーでノートをコピーしない問題を修正

  • その他のクラッシュする様々な問題を修正

対象製品

アンケート

役立つサポート情報を、他のユーザーが見つけられるようご協力ください。

このFAQは参考になりましたか?

Loading ... Loading ...

製品の使い方、活用方法、インストール/アクティベーションなど技術的サポートに関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォームより受け付けしております。また、下記項目をご参照いただくことで解決する可能性がございますので、ぜひお試しください。

お問い合わせいただく前に

  • check_box マニュアル(製本 / PDF)やガイドブックをよくお読みください
  • check_box ページ右上の検索窓に製品名やキーワードを入力し、該当のサポート情報を検索してください
  • check_box ブランド別サポート情報やよくある問い合わせランキングから目的の情報を検索してください