Top > BITWIG STUDIO 3.0アップデート情報

BITWIG STUDIO 3.0アップデート情報

 

Bitwig Studio 3.0が公開されました。

Bitwig Studio 2をご利用の方は、アプリケーション起動時のダイアログより更新を行ってください。

新機能

  • The Grid の追加(Bitwig Studioの新しいモジュール式サウンドデザインデバイス。154個のモジュールのライブラリで構成されています(下記の The Grid の項目を参照)。
  • ポリフォニーをサポートするすべてのBitwigデバイス用のインスペクタパネルを改良。3つのボイスモード(ポリフォニーと2種類のモノラル)、ボイススタッキングなどを追加。
  • Realtime Rulerを追加。ルーラー部分に「分 : 秒 . ミリ秒」で時間を表示。ルーラーエリアを右クリックし、コンテキストメニューで有効可能。
  • 自動プロジェクトバックアップ機能を追加。プロジェクトを保存するたびに、最新のプロジェクトファイルのコピーをプロジェクトフォルダ内に保存。
  • ルーティング選択の際にVUメーターを表示、シグナルを確認可能に。
  • いくつかのデバイスでヘッダーを右クリックすると、デバイスの変換をするメニューを追加(例:EQ-2からEQ-5)。
  • マニュアルマッピングのActionの項目に、トラックやグループトラックの「Activate」「Deactivate」「Toggle Active」「Activate Exclusively」を追加。
  • Ableton Link バージョン3に対応。トランスポートのスタートとストップを同期可能。
  • GUIのコントラスト設定を追加。
  • Keith McMillen Instruments社のコントローラー「K-Board Pro 4」に対応。

The Grid

  • デバイスとして新たに、インストゥルメントを作成するためのGridデバイスPoly Gridを追加。モノ/ポリ・シンセ、サンプラー、シーケンス・パッチなどあらゆるインストゥルメントを作成可能。
  • デバイスとして新たに、Voice Stackingオプションを含むオーディオエフェクトを作成するためのFX Gridの追加。
  • 200個以上のグリッドのファクトリープリセットを追加。
  • 異なるグリッドデバイス間で変換したり、コンテンツをコピー&ペーストする機能の追加。
  • モジュールの操作に関するをジェスチャー機能を追加。
  • 一般的な接続をワイヤレスで自動的に接続するプリ・コード機能。
  • The Gridのすべての信号は、現在のサンプルレートの400%でオーバーサンプリング。
  • The Gridのすべての信号は、ステレオであり、あらゆる信号を簡単に「ステレオ化」するように構成。
  • モジュールを選択してから [F1] キーを押すか、インスペクターパネルの [Show Help] をクリックすると、モジュールについての説明を表示。
  • インスペクターパネルのオートスコープは、選択したモジュールに出入りする、すべての信号を表示。
  • Bitwig Studio 3のマニュアルを更新し、The Gridに関する新しい章を追加。
  • 16個のカテゴリから、154個のモジュールを使用可能:
    • I/O(18)- Gridデバイスに入出力する信号用のターミナルモジュール
      • Audio In、Gate In、Phase In、Pitch In、Pressure In、Timbre In、Velocity In、Audio Out、Audio Sidechain、HW In、HW Out、CV In、CV Out、CV Pitch Out、Key On、Keys Held、Transport Playing、Modulator Out
    • Display(7)- 信号の可視化とコメントを残すモジュール
      • Label、Comment、Oscilloscope、Spectrum、VU Meter、XY、Value Readout
    • Phase(14)- 位相信号を出力するモジュール
      • Phasor、Ø Bend、Ø Reset、Ø Scaler、Ø Reverse、Ø Wrap、Ø Counter、Ø Formant、Ø Lag、Ø Mirror、Ø Shift、Ø Sinemod、Ø Skew、Ø Sync
    • Data(10)- 入力された位相信号で読み取られるルックアップモジュール
      • Gates、Pitches、Steps、Triggers、Probabilities、Ø Pulse、Ø Saw、Ø Sine、Ø Triangle、Ø Window
    • Oscillator(7)- 波形またはサンプルに基づく周期信号生成モジュール
      • Pulse、Sawtooth、Sine、Triangle、Phase-1、Swarm、Sampler
    • Random(4)- 非周期的およびランダム化された信号生成モジュール
      • Noise、S/H LFO、Chance、Dice
    • LFO(3)- 周期的な低周波発振モジュール
      • LFO、Clock、Transport
    • Envelope(4)- エンベロープを生成または抽出するモジュール
      • ADSR、AD、AR、Follower
    • Filter(6)- 特定の周波数帯域を消去したり強調するモジュール
      • Low-pass LD、Low-pass SK、SVF、High-pass、Low-pass、Comb
    • Shaper(6)- さまざまな波形整形モジュール
      • Chebyshev、Distortion、Quantizer、Rectifier、Wavefolder、Curve
    • Delay(5)- 遅延機能、フィードバックを可能にするモジュール
      • Delay、Long Delay、Mod Delay、All-pass、Recorder
    • Mix(10)- 信号ルーティングおよびミキシングモジュール
      • Blend、Mixer、LR Mix、Select、Toggle、Merge、Split、Stereo Merge、Stereo Split、Stereo Width
    • Level(17)- 音量に関するモジュール(コンバーターなど)
      • Level、Value、Attenuate、Bias、Gain – Vol、Gain – dB、Average、Lag、Bend、Clip、Level Scaler、Value Scaler、AM/RM、Hold、Sample / Hold、Bi→Uni、Uni→Bi
    • Pitch(5)- ピッチの値を生成するモジュール
      • Pitch、Pitch Quantize、by Semitone、Pitch Scaler、Zero Crossings
    • Math(18)- 基本的な算術演算子
      • Constant、Add、Divide、Multiply、Subtract、Abs、Ceil、Floor、Minmax、Quantize、Round、Product、Sum、dB → Lin、Exp、Lin → dB、Log、Power
    • Logic(20)- コンパレーターおよびその他の論理モジュール
      • Button、Trigger、Clock Divide、Clock Quantize、Gate Length、Gate Repeat、Latch、=、≥、>、≤、<、≠、NOT、AND、OR、XOR、NAND、NOR、XNOR

主な改善点

  • デバイスやユーザーインターフェースにおいて、多くの細かな部分を改善

主な修正点

  • 多くの細かな不具合を修正

Bitwigライセンスを購入後1年以上経過されている場合、最新のバージョン3をご使用になるには、別途「Bitwig Studio 12 Month Upgrade Plan」を購入し、ライセンスを更新する必要があります。

Bitwig Studio 2のライセンスについての仕様は以下のページよりご確認ください。

尚、ライセンス更新をされていない場合でも、以前のバージョンまでは引き続きご使用いただけます。