Top > BITWIG STUDIO 2.4.1アップデート情報

BITWIG STUDIO 2.4.1アップデート情報

Bitwig Studio 2.4.1が公開されました。

Bitwig Studio 2をご利用の方は、アプリケーション起動時のダイアログより更新を行ってください。

システム要件(バージョン2.4以降)

  • Windows 7 / 8 / 10(64bitのみ)
  • macOS 10.11(El Capitan)以上
  • Linux Ubuntu 17.04以上

2.4.1の改善点

  • Samplerのサイクルモードで拡大したときに波形上にルートキーの設定が表示されるよう改善
  • Samplerのメモリ使用を削減
  • アプリケーションの起動時間を改善
  • インスペクタの「チャンネルを設定」を1がデフォルトになるように変更

2.4.1の修正点

  • MPEがVSTプラグインでより確実に動作するように修正
  • macOS上でファイル階層を展開するときにブラウザーパネルが遅くならなくなるよう修正
  • ディスプレイのレイアウト上、リモートに対応したコントローラを使用したり、デバイス間を移動したりするとクラッシュすることがある問題を修正
  • 数字キーパッドのEnterキーを通常のEnterキーと同じように扱うように変更
  • サンプラーの様々な問題を修正
  • Channel Filterが、プラグインからシステムのMIDIメッセージ(active sensing等)を受信するとクラッシュする問題を修正
  • Instrument Selectorが空の状態の時が約50msのレイテンシを作成していた問題を修正
  • Note Echoが無効なチャンネルナンバーを生成する問題を修正
  • MIDI CCデバイスが不正なCC127を送信する可能性がある問題を修正
  • シーンをカットまたはコピーするときにエンジンがクラッシュする問題を修正
  • その他細かな問題を修正

Bitwigライセンスを購入後1年以上経過されている場合、バージョン2.4以降をご使用になるには、別途「Bitwig Studio 12 Month Upgrade Plan」を購入し、ライセンスを更新する必要があります。

Bitwig Studio 2のライセンスについての仕様は以下のページよりご確認ください。

尚、ライセンス更新をされていない場合でも、以前のバージョンまでは引き続きご使用いただけます。