Top > BITWIG STUDIO 1.3.14アップデート情報

BITWIG STUDIO 1.3.14アップデート情報

様々な改良と修正が行なわれています。(2016.11.10)

主な修正点

  • macOS Sierra対応
  • 一部のMacOSでネットワーク構成によってファイル(projects, samples, plugins)へのアクセス速度が遅くなる問題を修正
  • マッピングブラウザ内のコントローラーマッピング情報のソート時に生じる問題を修正
  • シーンをネストされたグループの最後のシーンにコピーしようとした際にクラッシュする問題を修正
  • ポップアップブラウザを使用してコンテントをインサートし、ポップアップブラウザが開いたままトラックを削除した場合にクラッシュする問題を修正
  • Controller API:スイッチングプリセットがGUIまたは新規ブラウジングAPIでスイッチングデバイスプリセットが最後に選択したプリセット情報にアップデートされないため、将来的に廃止予定
  • Controller API:クリップランチャーのシーンにコンテンツが含まれる場合の動作に生じる問題を修正
  • Controller API:クリップインターフェイスにクリップカラーオブザーバーを追加
  • MacOS環境でオーディオエンジンを停止する際にクラッシュする場合がある問題を修正
  • いくつかの状況でノートの長さを変更する際にクラッシュする場合がある問題を修正
  • ポップアップブラウザから保存されたHardware FXプリセットを呼び出す際にオーディオエンジンがクラッシュする場合がある問題を修正
  • スクリーンコンフィギュレーションを変更している場合、アプリケーションの終了時にクラッシュする場合がある問題を修正
  • Controller API:コントローラAPIを経由したクオンタイズされたクリップはイベントセレクションから独立するよう修正
  • Controller API:エフェクトトラックの削除後、オブザーバーストップリポートを送信するよう修正
  • Controller API:Clip.setStepSizeがクリップに接続されていない場合効果が現れない症状を修正
  • フルスクリーン表示時に、横または上にappウィンドウをスナップしている場合に起こる問題を修正

主な改善点

  • Controller API:ステップシーケンサーのすべてのステップをクリア、または整列する機能を追加
  • Controller API:シーンバンクインターフェイス内でシーンあたりのクリップ数をオブザーブ可能に
  • Controller API:clip interfaceにノートトランスポート機能を追加
  • Controller API:clip interface内でオーナートラックへのアクセスを提供
  • Controller API:clip interfaceへのクオンタイジングノート機能を追加